【岩国市長選挙】民主主義を守るために

2008.02.03 Sun

2月10日は岩国市の市長選挙だそうです。
できることなら岩国市に行って、井原さんの応援をしたいところです。
ただ、東京から山口県は遠く、気軽にホイホイというわけにはいかないのが現状です。
そこで友人の遊牧民さんがMLに投稿してくださった記事を転載します。


【以下転送・転送転載歓迎】

---------------------------ここから---------------------------

■岩国市の民主主義を守るために「30分の時間カンパ」!

皆さん 重複をお許し下さい 

広島の「岡本非暴力平和研究所」所長の岡本三夫です

岩国市のことで非常に大事なお願いがあります。 
ちょっと長い文章ですが辛抱して読んでください。

「誰の心の中にも反骨心はある。自立心がある。矜持がある。その葛藤に悩みながら人はバランスを保って生きるのではないか」
(2月1日付 天木直人ブログより)。

岩国市長だった井原勝介さんはまさにそういうお人です。
悩みながら岩国市民にとって「何がベストか」を真剣に模索しながら市政に全力投球してきた政治家です。
井原さんは 元中央省庁の高級官僚(在タイ日本大使館一等書記官、労働省課長ほか)であり、一地方都市の市長にすぎません。
決して「反基地闘争」の活動家などではありません。
 
米軍基地にもむやみやたらに反対してきたわけではなく、現に、沖縄・普天間基地の空中給油・輸送機部隊を岩国基地へ移駐することにも同意しています政府からの要請に対する妥協でした。
新市庁舎建設のためには、そう妥協することが市民のためになると判断したのです。
また、沖合の新滑走路を用いて試験飛行を行ない改めて騒音を測定すること、NLP(夜間飛行離着陸)の恒久的基地の明確化、海上自衛隊の残留などの条件を国に提示するなど、悩みながら岩国市民にとって「何が最善か」を真剣に模索しながら市政に全力投球してきたのです。
ですから、反基地闘争家が100%井原さんを支持してきたわけではありません。
 
しかし、米軍再編への全面的かつ積極的協力を露骨なまでに打ち出した「中央政府」のごり押しに対しては「地方政府」の首長として断固たる態度に出ました。
米軍再編に伴う計画に沿って厚木基地から岩国へ米軍の空母艦載機を大量に移転するという暴挙に反対を表明したのです。
市民のいのちと安全と財産を 預かる市長としては当然の行動でした。

隣接する広島市民もその多くが岩国米軍基地強化には大反対です。
ですから井原さんの「市民のための市政」という首尾一貫した政治姿勢は大半の岩国市民の支持を受け、住民投票でも市長選挙でも市民の圧倒的な支持を獲得したのは当然でした。
井原さんは「地 方自治の本旨に基いて」(憲法92条)まことに誠実な対応をしてきたのです。
 
しかし今、井原さんは最大の危機に直面しています。
市議会議員、建設業者、関連する会社社長など「目先の利益に目がくらんだ人たち」は、井原さんが再選されると「夕張市のようになる」「税金が高くなる」「バスがなくなる」「病院がつぶれる」などと、根も葉もないウソとデマで市民を誘導し井原さんの落選を狙っているのです。岩国市民を馬鹿にするにもほどがあります。
 

大きな米軍基地を抱えた地方都市は、沖縄もその1つですが、韓国でもドイツでも、軒並み米軍兵士による犯罪が増え、子どもたちは安心して学校に通えず若い女性は街を一人歩きできず大企業の地方支店は逃げ出し、経済が停滞し、街全体がが荒廃します。

沖縄では1995年に小学生が3人の米軍兵士にレイプされました!井原さんは岩国市がそういうことにならず、市民が安心して生活できることを心より願って、岩国という小さな地方都市を「人身御供」に米軍に捧げようとする卑屈な「中央政府」の方針に反対し米政府の言いなりになってゴリ押しする日本政府と、文字通り「身体を張って」闘っているのです。

どうか、民主主義を守るこの天下分け目の一大決戦に「30分の時間カンパ」 をしてください。そうすることによって井原さんを支援してください。 
パソコンの前で、30分間「時間カンパ」をしてください。

全国規模で、さらにはグローバルな規模でできるだけ多くの知人・友人に岩国市長選挙への応援を訴えて欲しいのです。

いろんな形の支援があります。
インターネットで検索してください。
岩国市の現状を多くの日本人・外国人に訴えてください。 
時間のない方はこのメールを知人・友人に転送だけでも結構です。

1人でも多くの人に伝えてください。
これは、民主主義を守る戦いなのです。

「おカネのある人はおカネを、時間のある人は時間を、知恵のある人は知を、何もない人は熱気を!」(市民運動の原点)井原さんにお寄せ下さい。

以下のようなカンパの窓口もあります。
 「岩国新市庁舎を勝手に支援する会」 
郵便振替 00130-9-583982

インターネットによって市民が結ばれ、連帯できる時代であり、このような好条件があるのに岩国は遠いからなどの理由で、座視傍観し、この一大決戦に破れたら、岩国ではなく日本の恥じであり世界の笑いものになります。

しかし私たち草の根の市民派が勝利は歴史的な意味を持っています。

「日本の民主主義もここまで育ったか」と賞賛され、日本市民の政治的健全さへの評価が確立することに繋がります。
それは類似の問題に悩む沖縄や横須賀市での反基地市民運動や六ヶ所村での市民運動にとっては素晴らしい勝利のシンボルとなり、さらに独裁と専制のもとで苦しんでいる多くの世界市民にとってどれほど大きな励みになるか計り知れません。 

まずは可能ならば 明日2月2日(土)の「岩国市民会館大ホール」大集会 (2時〜3時半)に参加してください。  
どうぞ宜しくお願い致します。

ゲスト:天木直人(元レバノン大使)
    森田 実(政治評論家)
    佐高 信(「週刊金曜日」編集委員)
    井原勝介(前岩国市長)

主 催:民主主義と自治を守る議員有志の会

連絡先:有志の会代表 重岡邦昭(090−1332−3313)

(本来なら「決戦」ほかの軍事用語は避けるべきですが「分かりやすさ」の ために今回はあえて使いましたことをお許し下さい)


**********************************************
岡本非暴力平和研究所所長
〒730-0051 広島市中区大手町1-1-26
大手町1番ビル305
電話・ファクス番号 082-209-0633
okamoto-mit@nifty.com
http://okamotomitsuo.com/
「平和を望むなら 平和に備えよ」 Si vis pacem para pacem.

広島修道大学名誉教授
〒731-3167 広島市安佐南区大塚西3-10-37-2(自宅)
電話・ファクス番号 082-848-9054
http://www.okamotomitsuo.com/
okamoto@shudo-u.ac.jp
**********************************************

-----------------ここまで-------------------------

  1. 2008/02/03(日) 01:11:24|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:14|
  4. コメント:1

【大阪府知事選挙】が気になる!

2007.12.20 Thu

来年早々、大阪で府知事選挙があるのですね〜
1月27日が投票日だとか。
どんな人が立候補しているのかしら、と思ったら・・・

うぉ?!


「行列ができる法律相談所」でワケわかんないこと言ってるあの人!

そう、あの橋下弁護士が、あろうことかあるまいことか立候補しているのですね。

ちょこっとウィキペディアで調べてみたら、

核兵器保有を肯定
テロ対策特別措置法にも肯定的
教育問題に関しては、厳しいしつけや体罰を肯定する発言が多く見られる
徴兵制度の復活を主張
発言「税金を払わない奴は生きる資格がない」

などなど、ファシズム満載で私は腰が砕けそうになりました。

どんな人も、橋下弁護士ごときに「生きる資格がない」なんて言われる筋合いはありゃしませんよ。
弁護士のくせして、生存権蹂躙じゃない。

大阪府民の皆さまは、くれぐれもこんな人を選ばないようご注意いただきたいものです。

他には弁護士の梅田章二さん、無所属(民主党推薦の可能性あり)熊谷貞俊さんらが立候補を表明している模様ですが、梅田氏の「200億円プラン」は具体的なアイディアが満載ですね。
高い国保料を軽減、子どもの医療費の助成、雇用奨励金制度など・・・
やっぱりこういう人でなきゃ。

同じ弁護士でも、エライ違いだわ(*´ー`)

都民の私は投票できないのが、くやしゅうございます。


  1. 2007/12/20(木) 22:32:03|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:4|
  4. コメント:0

【講演】日本政治の展望―「活憲」を軸に

2007.10.17 Wed

今日はイベントのお知らせです。
お時間のある方にぜひお出かけいただきたいと思います。
きっと有益なひとときを過ごせますヨ!
詳細は以下をご覧ください。

市民社会フォーラム第11回東京例会
日本政治の展望―「活憲」を軸に


日 時 10月27日(土)15時〜18時
会 場 法政大学市ヶ谷キャンパス58年館867教室 
参加協力費 500円

話題提供
「活憲を展望する政治論―政治学者の立場から」五十嵐仁さん 
「活憲を実現するためには―平和活動家の立場から」きくちゆみさん
※講演後、対談、参加者との質疑応答

改憲と消費税増税を狙う自公政権は参議院選挙で歴史的敗北を
帰し、安倍首相は辞任に追い込まれ、年内に解散総選挙の可能
性もあり、野党政権実現の期待も高まっています。

参院での与野党逆転の中、当面は臨時国会で、テロ特措法延長
などが争点になります。
こうした政権交代も視野に入る時局をふまえ、憲法の理念を守
り活かすための政治=「活憲」の展望について、人気ブログ
「五十嵐仁の転成仁語」で精力的に発言している政治学者・五
十嵐仁さんと、同じく人気ブログ「きくちゆみのブログとポッド
キャスト」などで平和のメッセージを発信されている環境・平
和活動家のきくちゆみさんに、ご講演・対談いただきます。

【共 催】 
へいこうせん(平和と公正の選択を求めるネットワーク)
沖縄・日本から米軍基地をなくす草の根運動
【協 力】
平和と文化のネットワーク
グローバル9条キャンペーン

事前申し込みなしにどなたでもご参加いただけますが、
人数把握のために事前申し込みいただければ幸いです。
※お問い合わせ・申込み先:Eメール:NQC41966@nifty.com

■講師プロフィール

◆五十嵐仁さん 
法政大学大原社会問題研究所教授。ブログ「五十嵐仁の転成仁語」などで「活憲」の立場から日本政治を批評し、最近はTV番組『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中』に出演。
著書は『活憲―「特上の国」づくりをめざして』(績文堂・山吹書店、2005年)など多数。

◆きくちゆみさん
東京・下町生まれ。
マスコミ、金融界を経て、1990年から環境問題の解決をライフワークに。
911事件をきっかけにグローバルピースキャンペーンを立ち上げ、米紙への全面広告やハリウッドへのビルボードを実現。
ヒット作は『戦争中毒』。
ブログ「きくちゆみのブログとポッドキャスト」などで平和省創設を提唱。

■会場アクセス
法政大学市ヶ谷キャンパスは、JR市ヶ谷駅か飯田橋駅から徒歩。
下記地図をご参照ください。
http://www.hosei.ac.jp/hosei/campus/annai/ichigaya/access.html
http://www.hosei.ac.jp/hosei/campus/annai/ichigaya/campusmap.html

■企画チラシをご活用ください。
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/igarasikikuti.pdf

法学館憲法研究所HPの「今週の一言」欄に、五十嵐仁さんときくちゆみさんが登場しています。
http://www.jicl.jp/hitokoto/backnumber/20071015_01.html
http://www.jicl.jp/hitokoto/backnumber/20071015_02.html

  1. 2007/10/17(水) 22:29:53|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:0

【郵政民営化開始】 (ノ>▽<。)ノ)) ぎゃぴぃ〜

2007.10.01 Mon


え〜、小泉氏画策の郵政民営化が、ついに明日から開始ですね。
あ〜あ。。。
払い込みの料金だの、電信現金払いの料金だのが

とんでもない

ほど高くなりますね。

まだ調べていないのですが、私は仕事柄EMS便を頻繁に利用します。
これが値上げされて、DHLだのFeDexみたいな民間の国際宅急便並みの料金になったら、マジ切れしますぜ。

おまけに何ですか?!

地方の郵便局が続々閉鎖だそうで。。。
郵政公社は「一時的な閉鎖」とかなんとか言ってお茶を濁してますが、310局も閉鎖では、不便になってしまう人が続出なのではないでしょうか。
こういうところにも、地方切捨て政策の一端が見えるように感じます。

私はソーシャルネットワーキングサイトのミクシイに入っておりまして、そこで郵政民営化に関する多くの方の意見を見ました。

弱いもの虐め
民営化する前に官僚の天下りや公務員の労務義務を改革しろ
ろくなことにはならん
こうすることで儲かるヤツがいるんだろなあ
個人的にはいい方向に行くとは全く思っていない


などなど、出るわ出るわ

否定の山・拒否の山
です。

つくづく国民に歓迎されてませんね〜
これだけ支持のない政策を、よくもまぁゴリ押ししたものだと、あきれます。

郵政事業というのは、学校教育などと同じで、利益追求型の考えがそもそもなじまないものだと思っています。

前島密が墓の中で泣いているでしょうね。

  1. 2007/10/01(月) 01:03:29|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:4|
  4. コメント:5

【自衛隊装備】 ハウマッチ?!

2007.09.27 Thu

私は市民社会フォーラムのメーリングリストに入っております。
そのMLで、自衛隊が装備している恐ろしげなモノの値段を教えていただきました。
ざっとこんなです。

【防衛省】契約本部における主要調達品目・単価表
(モトのソースがテキストなので、見やすいようにと表にしたら、なぜか表がう〜んと下に行ってしまいました。すみません)











































品目単価(円)
89式 小銃¥338,792
1.56mmMINIMI機関銃¥2,040,816
2.7mm 重機関銃¥5,128,205
87式対戦車誘導弾発射装置¥800,000,000
81mm 迫撃砲L16¥8,333,333
120mm 迫撃砲RT¥33,333,333
99式自走155mm りゅ う弾砲¥942,857,143
90式戦車 (車体・火砲)¥725,000,000
軽装甲機動車¥26,250,000
96式装輪装甲車¥93,333,333
87式偵察警戒車¥200,000,000
99式弾薬給弾車¥400,000,000
90式戦車回収車¥500,000,000
91式戦車橋 ¥500,000,000
78式雪上車¥20,000,000
化学防護車¥100,000,000
戦闘へリコプター(AH‐ 64D)¥5,200,000,000
観測へリコプター(OH‐ )¥1,950,000,000
多用途へリコプターUH‐60JA)¥4,000,000,000
多用途へリコプター (UH‐1J)¥800,000,000
輪送へリコプター(CH‐ 47JA)¥5,000,000,000
3式中距離地対空誘 導弾¥26,900,000,000
81式短距離地対空誘導弾¥4,800,000,000
93式近距離地対空誘導弾¥2,500,000,000
91式携帯地対空誘導弾¥1,100,000,000
96式多目的誘導弾システム¥3,900,000,000
01式軽対戦車誘導弾¥3,200,000,000
潜水艦(SS)¥35,400,000,000
掃海艇(MSC)¥7,500,000,000
多用途支援艦(AMS)¥3,050,000,000
砕氷艦(AGB)¥32,500,000,000
哨戒へリコプター(SH‐60K)¥3,728,571,429
救難飛行艇(US-2)¥7,200,000,000
迎撃戦闘機(F‐15) 近代化 ¥1,250,000,000
支援戦闘機(F‐2A/ B)¥10,580,000,000
空中給油・輸送機¥23,500,000,000
救難捜索機(U‐125A)¥4,200,000,000
救難へリコプター(UH‐60J)¥4,000,000,000
初等練習機(T−7)¥233,333,333
地対空誘導弾ぺトリオット¥54,400,000,00
軽装甲機動車¥25,000,000
次期固定翼哨戒機及び 次期輸送機¥78,100,000,000
新戦車¥10,000,000,000
中央指揮システム¥4,500,000,000

私の生活にはとんと縁のないケタばっかりよ。
戦車って高いのねぇー
なんて感銘を受けている場合じゃないです。

私たちの税金が人を殺す道具のために、こんなにたくさん使われている、という憤りは言うまでもありません。
これが憲法9条を持っている国の税金の使い方とは、聞いてあきれます。

地球の裏側、ジンバブエではインフレ率が1,200%です。(2006年8月現在)
物価上昇率は586%。
失業率は71%。

あまりにズルいのではないでしょうか。
日本の政府は国際貢献などと、まことしやかに言っています。
ほんとうに海外に貢献したいなら、兵器を買い漁るより、その資金でもっと豊かになる道がいくらでもあるでしょう。
いかに日本の「国際貢献」がうそっぱちか、たやすく理解できます。
アメリカの言いなりになって、日本国民の税金を湯水のごとくに使う、あさましい日本政府の姿を、こうした数字は雄弁に語っているように思えるのです。

インフレ率1,200%の世界がどんなか、想像もつきません。
どれほど逼迫し、人々が窮地に立たされているか、考えるだけで恐ろしくなります。
ぜひ多くの方に知っていただきたい数字です。

  1. 2007/09/27(木) 22:28:25|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:0
次のページ

プロフィール

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約