人はなぜ格闘技をするのか

2007.02.18 Sun

私が「空道」という武道をはじめて、かれこれ2年ほどたちます。
空道というのは、まだまだマイナーな武道でして、人に言うときはわかりやすく「空手をやっています」という方が多いです。
とはいえ、そんなことを言う場面なんてひじょうに少ないのですが。
極真空手をベースに、顔面への打撃アリ、寝技、投げアリ、という武道ですが、いろいろな要素があるのでちと表現が難しいです。

2年やってすっかり肩周りがゴツくなりまして、いったい私は何を目指しているんだ・・・
と思うことも少なくありません。

と同時に、人はなぜ格闘技をやるんだろう、と考えております。

殴られれば痛いのに。
蹴られたら、青アザものなのに。


すみません、キモい青アザをお見せしてしまいました。

そうです。
なぜ人は格闘技をやるのか、でした。

そこでふと思い出したのが、小学校や中学校のとき教室で男の子がプロレスごっこをしていた風景です。
4、5人で楽しそうに教室の隅でアントニオ猪木やハルク・ホーガンになりきっていました。
たまに反則技があるらしく、「ずるいぞぉ〜」という声がのどかにあがったりしていましたっけ。

もしかして、ダイレクトな体のぶつかり合いというのが、そもそも人にとって喜びなのでは?
なんだかそんなふうに思います。
世界各地にさまざまな格闘技がありまして、日本国内だけを考えても相撲、柔道、柔術、空手(唐手)、剣道と枚挙にいとまがありません。
こうした格闘技の多様さや古くから格闘技の歴史がはじまっていることも、人間のプリミティブなところにかかわるから、というふうに思えてくるのです。

教室の隅で戦っていたのどかな戦士達は、そうした原始のよろこびを共にしていたのかもしれません。

【追記】2007.2.18
今、ブログ「偽善者キツィこのブログ」にコメントを書いたのですが、なぜかエラーに・・・(泣
higasitoyokazuさま〜、仰るとおりですよ〜、とここで叫んでみたりして。
「トラックバックいただき、ありがとうございます。このまま格差が広がれば、ご指摘のような臓器売買や犯罪などに加え、日本から難民が出るのではと危惧しています。財界、政界、米国の利害の一致が国民を「税金を払う機械・装置」たらしめていますね。今年の参議院選挙や統一地方選挙はきわめて重要なものと思います。よろしければお時間のあるときにでも、こちら↓をご覧いただければと思います。http://heikosenweb.oboroduki.com/ JesusMaryより」って書いたんだけど・・・ここに書いてもしょうがないかな。。。

  1. 2007/02/18(日) 00:54:10|
  2. 殴り愛|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

プロフィール

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約