【農】に焦がれるココロ

2009.09.15 Tue

ここ1、2年くらいの間、地方の田園風景を見ているととにかくひたすら

い〜な〜
い〜な〜
い〜な〜

と指をくわえつつ、目が釘付けになりつつ、ヨダレを垂らさんばかり、といったら少々大げさですが、連なる畑や水田に恋焦がれるようになっていました。
特急列車などに乗っていて、そのような景色が出てこようものなら、頭は90度に硬直し窓外を凝視することになります。

始めは自分でも気づかなかったのですが、ようするに農業にあこがれているのだな、と最近やっと気がつきました。
それも家庭菜園のような楽しみでやるのではなく、もっとこう、本格的に作物を作り出荷し、肥料を研究し、這い寄るイモムシを追い払い、雨にも負けず、風にも負けず、といった方向を志向しているのです。

ただいろいろ調べてみますと、あたりまえかもしれませんが、なかなか簡単にはいかないのですね。
いきなり家族を放り出して農村に闖入するわけにもいきませんし。

先日会社でそうしたことを話したら、実家が農家で果樹園をやっている同僚が「レンタルの農地がいいんじゃないの?」と言うではありませんか。
同僚はたたみかけるように、「埼玉県あたりで借りて、土日に行って畑仕事する、なんていうのもあるわよ。」と言うではありませんか。

そうか、そういう方法もあるのか。
目からうろこ、ネバーギブアップ。
持つべきものは会社の同僚。
今後その方向性を検討しようとココロに誓いました。

土の上に我が身を放り出し
我が命を土に吸わせ
我が魂を糧に実る作物が
田園の一隅たらんことを。


  1. 2009/09/15(火) 01:04:17|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:34|
  4. コメント:162

緑なす田園の世界

2009.08.20 Thu



夏休みに群馬へ。



あ〜、豊かだな、と。



濃い緑をかみしめつつ、



川面の光に目を細め、



緑なす田園から片時も目を離せませんでした。

  1. 2009/08/20(木) 22:15:47|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:4|
  4. コメント:543

このブログの長い休息

2009.05.08 Fri

みなさま、こんにちは。
あまりにも長い間記事をアップしてきませんでした。
それで先日、もうこんなことならこのブログを閉鎖しちゃおう、え〜い!と思い立ち、「閉鎖のお知らせ」と題した記事を書き始めました。


ず〜〜っと放置しっぱなしだった当ブログですが、いろいろ考えた末閉鎖することにしました。
これまで読んでくださった方、トラックバックを送ってくださった方、コメントを寄せてくださった方に多大な感謝を申し上げます。
ありがとうございました。

世界経済は混乱と低迷の一途を辿り、爆発しそう。
所得格差はますます広がるばかり。
世界中が不公平でいっぱい。
戦火は消えない。
弱い者はよりひどい窮地立たされ、強い者の搾取はとどまるところを知らない。
国内の自殺者は今年も3万人を越えたそうだ。


ここまで書いて、なぜかそれ以上書けなくなっちゃった。
しかも、本当に止めちゃっていいんだろうかと、自問自答。

じたばた。
じたばた。

どうしてもこれをアップロードする気になれない。

という煩悶を経て、やっぱり閉鎖はしないことにしました。

あまりに世の中がめまぐるしく、しかもよろしくないことばかりが目白押し。
それなのに私に出来ることなんて、ほんと〜に小さい。
アフリカゾウとアリンコくらいの違い? いやもっとかな。
ゾウの群れに踏み潰されそうになって、アリンコは「踏まないでよ〜」なんて言ってみるんだけど、ゾウには聞こえない。
アリンコは疲れちゃう。。。
なんかそんな感じでした。

止めることはいつでもできる。
でもそれは今じゃないな。
そんな気がしてきたので、このブログはまだ続けます。

そんな中、最近の腹立ち度ダントツNo.1は裁判員制度です。
今月21日にスタートだそうですが、これって徴兵制そっくり。
国にやれと命令されたら、どんなことでも国民はやらなきゃいけないの?
もし裁判員制度という名の赤紙召集が来たらどうしようかといろいろ策を練っていましたが、結局思いついたのは、「絶対に行かない」という自分でもあきれるほど単純なものでした。
国に「戦争に行ってこい」と命令されたら、おとなしく外国に行って人を殺してきちゃうことに繋がるような気がしてならないのです。
だから絶対に行かない。
何があっても、何をされても裁判員制度に関わる一切を私は拒否する。
そう決めています。

一日も早く裁判員制度が頓挫することを切に願いながら、今日はおしまい。









  1. 2009/05/08(金) 01:13:58|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

死ぬまでに何かを。

2008.11.21 Fri

久しぶりの記事アップです。
そしてハンドルネームを変えました。
前回記事を書いたときは「暑い〜」と言っておりましたが、時のうつろいはなんと早いことか、すでに「寒い〜」と申さねばなりません。
ただ単に記事を書くのをサボっていただけなので、ご覧くださっている方には申し訳ない限りです。

ところで最近つらつら考えることがあります。
それは自分が「最後に見る景色はどんな景色か」ということです。
つまり死ぬ寸前であるとか、あるいは自分の意識がなくなる直前など、もうダメだ、おしまいだ、となって視神経がギブアップする最後の瞬間、自分は何を見るのだろうか、ということを考えているわけです。

病院の天井、というのが一番ありがちですが、なんだかつまらない気がします。
死んだ私の母などは、このパターンでした。
もっとも、病室の天井だったか、壁だったか、それとも医者の顔かはさだかではありませんけれども、いずれにしろ彼女の最後の景色は病室の中のものでした。

・・・なんだか暗い文章になってしまいました。
いかん。

最後の景色というものを考えてみるうちに、たとえ殺風景なものを見ながら死んだとしても、何かひとつでも成し遂げたこととか、打ち込んだことがあれば、豊かな気持ちになれそうな気がしたのです。
私ごとき、たいしたことは出来そうもありませんが、それでもほんの少しでも「何か」があったらいいだろうと思うのです。

幸い私はまだ死ぬような歳ではないので、ゆっくりと自分がなすべきことを模索しようと考えているところです。




  1. 2008/11/21(金) 00:37:53|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

墓碑銘・言葉を持たぬものへ

2007.10.27 Sat

ある動物園から一頭のライオンが逃げ出した。
彼は街をさまよった。
食べられるものは、ほとんど見つけられなかった。
警察が来て、彼を射殺した。
死後、彼の亡骸を解剖すると、胃の中から、たった一枚の葉が出てきた。

テレビの動物タレントで、CMに出演したことのある子トラがいた。
彼は出演のとき以外は、いつだって檻に閉じ込められたままだった。
気晴らしに外へ出してもらえたためしはなかった。
檻の中で、彼は大人になった。
あるとき、人間が檻を開けようとした刹那、彼はその人間を襲った。
彼は射殺された。

ドイツの動物実験施設に、アロバールという子ネコがいた。
餌皿の中にすっぽりと入ってしまうほど、小さなネコだった。
生後2ヶ月で、頭蓋骨を切り取られ、脳に電極を埋め込まれた。
麻酔はされなかった。
実験が終了すると、彼の小さな骸は冷凍保存され、そして焼却された。

上述の3つの話は、実話である。
私の創作ではない。
二つめまでは、日本で起きたことであり、特に二つめは東京の町田であった話だ。

こんな話は、ほんの一例に過ぎない。



  1. 2007/10/27(土) 00:01:24|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:28|
  4. コメント:0
次のページ

プロフィール

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約