ベネズエラ・チャベス大統領の反米発言

2006.09.27 Wed

今月19日より始まった国連総会のスピーチ席上で、ベネズエラ・チャベス大統領は、アメリカ・ブッシュ大統領に対し「悪魔・ファシスト・大量虐殺者」などと発言し、痛烈な批判を行いました。

【イギリス・ガーディアン紙】
http://www.guardian.co.uk/venezuela/story/0,,1877242,00.html

総会二日目の20日、演壇に立ったチャベス大統領は、
「ブッシュ政府が2002年のベネズエラ政変を画策し、資金提供を行ったこと」
「イラクに武力で民主化を押し付けたこと」などをあげました。

そして
「米帝国主義は世界人民を支配、搾取、略奪する構造を維持し、人類の生存を危機にさらしている」
「アメリカ人民、全世界人民が一体となってこの脅威を取り除こう」
との呼びかけをおこないました。
【9月25日付 長周新聞より一部抜粋】

一方、ボリビア・モラレス大統領も演壇でコカの葉を手に持ち、アメリカはコカが麻薬の生産に使われていることから、禁輸政策をとり内政干渉をしていると非難しました。

チャベス大統領は、これまでにも国内の労働者の思想を喚起するために、チャップリンの映画「モダンタイムズ」を上映する試みを行っています。
http://news.independent.co.uk/world/americas/article1201298.ece

またイスラエルのレバノン攻撃についても、徹底的な非難をしています。

「イスラエルはレバノンを爆撃し、子供も女も関係なく無差別に殺戮し、レバノンそのものを殲滅しようとしている。このためベネズエラ政府は、駐イスラエル臨時代理大使を召還したものである」と述べた。また、イスラエルも同様に駐ベネズエラ大使を召還した(日)、と述べるとともに、そのような国家と、外交関係、通商関係を続ける意味は無い」
【ベネズエラ大使館】
www.ve.emb-japan.go.jp/gaiko/seiji.htm#4%81D%91%CE%83C%83X%83%89
%83G%83%8B%8A%D6%8CW


イランとの経済的、工業や農業における技術提携などに見られる、中東との結びつき強化も注目されるべきでしょう。

世界情勢はすこしずつ、変わってきているように感じます。

  1. 2006/09/27(水) 23:55:56|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

戦争がやってくる、ヤァ ヤァ ヤァ!

2006.09.23 Sat

日本に平和省を!と旺盛な活動を展開していらっしゃる、きくちゆみさんのメルマガ「地球平和ニュース」に、週刊オルタの西山澄夫さんの文章が掲載されています。
転載のお許しをいただきましたので、ぜひご覧下さい。


*******************************
 「速報」

 2005年10月25日、26日、ブッシュの支持基盤であるネオコン派の政治家、知識人が集まるワシントンの政策研究所、AEI・アメリカン・エンタープライズ・インスティテュートが主催して、日本の国会議事堂裏のホテル、キャピトル東急で、「政策研究集会」が開かれた。テーマは、「日本と中国を、どのようにして戦争に突入させるか、そのプラン作り」である。
 
 参加者はAEI所長クリストファー・デムス、次期総理・安倍晋三、鶴岡公ニ(外務省、総合外交政策局審議官)、山口昇(防衛庁、防衛研究所副所長、陸将補)、民主党・前党首・前原誠司、その他自民、民主の複数の議員。
 テーマは「有事、戦争に、どう対処するか」では無く、「中国と日本を、どのようにして戦争に持って行くか」である。
以上は裏付けが取れた正確な情報である。

 以下は裏付けの取れていない未確認情報(裏付けの取りようがない)である。

 今後2年前後に、日本海側の都市に、「米軍の」ミサイルを着弾させ死傷者を出させ、それが北朝鮮からのものである、とマスコミ報道を行い、一気に日本国内の世論を戦争賛成、治安維持体制に持って行く、また京都、大阪付近で新幹線の爆破テロを起こし世論を戒厳令体制、戦争賛成方向に誘導する(テロは米軍と自衛隊の共同作戦で実行し、イスラム原理主義または北朝鮮のテロと報道する)。

 「京都、大阪方面」と場所が特定されている点、テロ作戦の準備を知った軍内部からのリーク情報の可能性がある。が、真偽の確認のしようがないので、情報の「信用度は低い」。ただし万一、本当にテロがあった場合には、北朝鮮やイスラムのテロではなく、「戦争をするための米軍と自衛隊の画策」である事を事前に明らかにしておくため、日本を戦争賛成の方向に誘導させない「クサビを打ち込んでおく」ため、あえて信用度の不確かな情報を流します。 (転載ここまで)
 ********************************

私JesusMaryの私見ですが、今後政権が暴走し、戦争の危機が訪れた場合、第二次世界大戦よりもっとひどい惨状になるのではないかと恐れています。
第二次世界大戦のあと、その痛手を乗り越え人権を確立し、権力の暴走を許さない社会にするという努力を日本社会は怠ってきました。
戦前の権力を、そのまま戦後にまで受け継いでしまっているのです。

「次の戦争」がおきるなら、その怠慢が反動となって日本人全員に容赦なく襲いかかってくるだろうと予感しています。
60年分の怠慢がツケとなり、経済成長一辺倒となった罰がわたしたちに課される、そんな気がするのです。

それでも、もし、私たちが本気になって平和を守り推進していこうとするなら、今こそその努力を傾注するべき時だと思います。
私たちは試されている、そう思うのです。

  1. 2006/09/23(土) 01:14:40|
  2. 反戦|
  3. トラックバック:14|
  4. コメント:10

音楽に映画に・・・

2006.09.17 Sun

今日は音楽漬け、映画漬け。

午後じゅう、古いWindows98のノートPCを引っぱりだして、
これをCDプレイヤー代わりにする。

The Smiths
Power of Dreams
The Primitives
The Field Mice
LFO
Depeche Mode
The Chemical Brothers
エイプリルズ
New Order
Joy Division
The Jesus and Mary Chain
Saga
The Stone Roses

表現に規制なんて、つくづくとんでもないと思う。
規制したい側にとっては邪魔な存在になのだろう。
表現という神聖なものを踏みにじる行為に甘んじるわけには
いかない。
文化を抹殺されるわけには行かないのだ。

表現作品はときとして、人の一生を左右する。
何物にも変えられない財産として、それは人の心の奥底に住みつく。

映画は、「ロード オブ ウォー」をレンタルして観た。
武器商人を主人公に描いた作品で、事実をもとにしたストーリーである。
主演はニコラス ケイジ。
ネタバレになってしまうとまずいので、詳細は書かないが、最後に
出たテロップがよかった。
「最も多く武器を供給しているのは、米、英、露、中、仏である。
そしてこれらは国連常任理事国である。」
アメリカの映画ながら、ひじょうに反米なのだ。
主人公の弟役はジャレッド レト。
かっこよくて、私は大ファン♪♪

  1. 2006/09/17(日) 02:16:12|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

ブッシュは首が回らない。

2006.09.14 Thu

米国の7月における貿易赤字は、過去最高を更新したそうです。
7月の貿易赤字(国際収支ベース、季節調整済み)は、資本財を中心に輸出が減少し、原油価格の高騰が輸入を押し上げたためだそうで、前月比5.0%増の680億4400万ドルとなるそうです。
【日刊 通商弘報 9月14日付記事より】

同記事によれば、航空機をはじめとする資本財の輸出が減少したと、原油価格の高騰がエネルギー関連製品の輸入増につながったこと、コンピュータなどの資本財の輸入が伸びたことなどを、赤字拡大の理由に掲げています。

さらに主要貿易相手国ごとに見ますと、
・対中赤字 前年同月比11.0%増の195億7,500万ドル
・対日赤字 前年同月比14.6%増の75億7,400万ドル
・対EU赤字 前年同月比18.4%増の133億5,200万ドル
・対カナダ赤字 前年同月比7.9減の58億6,200万ドル

となるそうです。

計算してみると、しめて4,636億6,300万ドル。
日本円でいくらになるか計算してみようと思ったら、計算機で表示しきれない桁数に。。。

一方、米国内の貧困層はいっそう増えています。
カラードを中心に拡大傾向です。
9月11日付長周新聞によりますと、
「イラクでの毎月の戦費は約60億ドル、アフガンのそれは約10億ドルにのぼり、水害やその他災害に使う予算の15倍」だそうです。

「しかもブッシュ政府は、戦争景気で軍需、石油、建設、証券など独占企業にボロ儲けをさせただけでなく、規制緩和を推進、大減税までしてリストラ、賃下げ、過密労働を労働者に押し付けている。」
そのため、「貧困ライン以下で生活する人は総人口の12.7%、3700万人」と伝えています。

ブッシュ政権の独裁ぶりをうかがわせるに十分だと思います。
安部政権が誕生したら、安部氏は米国政府に追随してやまないのですから、この巨額のツケを補うのにちょうどいい標的となるでしょう。
それどころか、むしろそのために安部氏は推挙されているのでしょう。
今でも多額の税金が使われていますが、さらに加速すると私は考えました。

  1. 2006/09/14(木) 20:20:09|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:10|
  4. コメント:0

失われし人権を求めて!!!

2006.09.05 Tue

前回書いたとおり、この国の政権が安部を首相とするようになってしまったら、人権などというものはもう根こそぎ奪われてしまうだろうと、私は危惧しています。

今でさえ、この国で人権は確立していません。

第二次大戦終結時、日本は米国の要求にしたがってポツダム宣言を受け入れました。
それを踏まえ、新憲法を作るはずでしたが、戦後日本が米国に提出した憲法案は大日本帝国憲法となんら変わるところのないものであったといいます。
日本政府は、ポツダム宣言の意味をわかっていなかったのです。

そこで米国は日本政府に変わって新憲法案を書き、それが現行憲法のもとになりました。
日本国民自ら作り出したものではないにせよ、現行憲法が世界に先がけた「平和憲法」であることは明らかです。

戦後の日本再生は、憲法という器は出来たものの、天皇も、政治も、財閥を中心とした経済も戦前となんら変わることがなかったため、本当の民主主義や人権の確立には至りませんでした。
憲法の目指した社会のありようと、現実の社会は乖離しています。
ひどく歪んでいると私は思います。
国民ひとりひとりの中でも、人権とは何か、自由とは何か、確立していない人が多いように感じます。

私がこの記事を書いたきっかけは、喜八さんがトラックバックを送ってくださったこの記事です。
(いつもトラックバックありがとうございます!)
http://kihachin.net/klog/archives/2006/09/comment2.html
読んで考えさせられました。

ここで書かれている、「攻撃的コメンター」は、言論の自由、表現の自由は主張し、利用するものの自らの発言に責任を持とうとしない人たちだと思うのです。

自由と責任は表裏一体です。
分かちがたく結びついています。
権利あるところには、義務もあるのです。
そんな当たり前のことすら分かっていない、低俗極まりない人たちがどうにも増えているようで、薄気味悪く感じます。

こういった人たちの後押しを受けて、安部政権なるものが誕生するのかと思うと、日本はDEAD ENDだと思うのです。



  1. 2006/09/05(火) 00:36:08|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:9|
  4. コメント:3
次のページ

プロフィール

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約