共謀罪を廃案に! 10・29講演会

2006.10.26 Thu

共謀罪を廃案に! 10・29講演会に行ってきました。

主催:共謀罪に反対するネットワーク
場所:渋谷区勤労福祉会館第一洋室
時間:13時30分〜17時

講演内容予定:
  「国連越境組織犯罪条約と共謀罪」
      海渡雄一さん(弁護士)
  「サイバー犯罪条約とコンピュ-ター監視法案」
      小倉利丸さん(富山大学教員)
  「共謀罪と組織的犯罪処罰法」
      宮本弘典さん(関東学院大学教授)

参加人数は50名弱といったところでした。
5月や6月に行われたシンポジウムや勉強会に比べると、少なくなってしまった印象があります。
24日の強行採決がなくなったり、今期国会成立はないとする報道などで皆さん安心してしまったのかな?なんて思います。
けれども決して油断してはならないと私は思っています。

都合で途中からの参加でしたので、全部の講演を聴くことができませんでした。
ですので、配布されたレジュメから抜粋してみます。

【共謀罪を強行採決してはならない7つの理由】
―国連条約批准のために共謀罪導入以外に選択肢はある―

弁護士 海渡雄一先生

第一点
世界各国の国内法整備状況は政府の説明と大幅に異なっている
場合によっては虚位答弁として、政府関係者の責任を問題とすべきである。

第二点
国連立法ガイドは条約批准のために、条約の文言通りの共謀罪立法をすることを求めていない

第三点
日本政府はもともと共謀罪ではなく、国内法制定を最低限とするため、行為参加罪の選択肢を検討していた

第四点
5条の起草の経過において、日本政府が行った方針転換の理由が説明されていない

第五点
国会審議に不可欠な第2回、第7回の起草委員会の記録が開示されていない

第六点
我が国には既に組織犯罪の未然防止のための法制度が兼ね備わっている

第七点
仮に条約の求める範囲と日本の国内法に齟齬があるとしても、国内法の体系に関わる以上冷静な議論が求められている

この条約に基づいて新たな共謀罪を制定した国はほとんどないに等しい。
政府与党はこのような極端な立法構想の誤りを認め、これを撤回し、条約を批准してからゆっくりと、諸外国の実情も調査検討しながら、どのような国内法化が望ましいのか考えていくという、現実的で冷静な選択に立ち戻るべきである。

* * * * * * * * * * 
抜粋なのにずいぶん長くなってしまいました。
続きは次回にします。


  1. 2006/10/26(木) 21:20:20|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:5|
  4. コメント:0

明日、教育基本法特別委員会

2006.10.25 Wed



明日、午前10時から教育基本法が審議されることになっています。

【衆議院TV】
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.cfm

この法案のもっとも大きな問題点は、言うまでもなく愛国心でしょう。
けれども愛国心に相当する項目は、すでに現行の指導要領に含まれてしまっています。

【文部科学省 小学校指導要領】
「我が国の文化と伝統に親しみ,国を愛する心をもつとともに,外国の人々や文化に関心をもつ。」・・・第三学年および第四学年より
「郷土や我が国の文化と伝統を大切にし,先人の努力を知り,郷土や国を愛する心をもつ」・・・第五学年および第六学年よりhttp://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301/03122601/011.htm

「我が国と郷土を愛する」というフレーズは、改正案に掲載されているものであって、現行法にはないものです。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houan/an/06042712/005.pdf

感情のコントロール、思想のコントロールであり、思想や信条の自由を謳っている憲法を考えれば、新教育基本法は違憲ではないでしょうか。
国民を愚弄しているのではないでしょうか。
子どもに「国を愛せ」と突きつけることは、第二次世界大戦の時と同じではないかと思えてならないのです。

虐待されている子ども、犯罪の犠牲になる子ども、犯罪を犯してしまう子どもの事件を見かけます。
このような深刻な事態の対処もできずに、何が愛国心だ、と思います。


画像は【フリー画像素材EyesPic】よりお借りしました。
http://eyes-art.com/pic/
ありがとうございました。


  1. 2006/10/25(水) 00:08:44|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:9|
  4. コメント:0

自由を我らに。

2006.10.23 Mon



22日、共謀罪反対 ”チンドン仮装パレード”のあとをくっついて歩いてみました。
この日は清瀬市で「本格派インドカレーを食べながら、共謀罪と警察、ジャーナリズムについて知ろう」というイベントもあったようで、

カレーかぁ。
魅力的だなぁ。。

と思いましたが、ちと遠いので断念し銀座のパレードのほうにしました。




しかし、ご覧下さい。
こんなふうに警察による妨害が何度も入り、チンドンしてる人たちはそのたびに中断させられていました。
警察の人数もどんどん増えていきました。





下の写真でベージュ色のジャケットを着ている人と、右側に見える紺色のスーツ姿は、私服の刑事です。


警官は「通行人に迷惑でしょう!」と威嚇していました。
たいしたボリュームではなかったですし、よろこんで写真とってる外国人観光客などもいました。
配られたチラシを受けとっていた人もたくさんいました。
それなのに、だれがどのように迷惑したのでしょう?

ただ歩行者天国で歌を歌っただけで、このありさまです。
共謀罪なんてなくたって、もう立派に警察国家です。
自由が弾圧されているのです。

アメリカがイラクを攻撃したとき、私は反戦デモに参加しました。
代々木公園を出発して、原宿や渋谷を経由し長い距離を歩きました。
参加者は、たしか3万人くらいだったと記憶しています。
そのとき交通整理の警官はいました。
けれども決して彼等は、デモを妨害したりはしませんでした。
その頃と今を比べると、確実に世の中は息苦しくなっているように思います。

これで共謀罪新設がまかりとおってしまったら、政府は法の後ろ盾を得て、より弾圧を強めることは間違いありません。
法律が凶器のように襲いかかってくるでしょう。
第二次世界大戦という未曾有の大過を経て、やっと手にした憲法を殺してしまうでしょう。
まさにファシズムです。
社会は大きく後退しようとしています。

  1. 2006/10/23(月) 04:34:10|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:6|
  4. コメント:0

共謀罪をめぐる真実

2006.10.22 Sun



「情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士」より転載
共謀罪の行方に関心を寄せるすべての方へ送る海渡弁護士の解説〜政府は国民をこうして騙す!

先日、アラームを発した海渡弁護士の現時点での共謀罪に関する丁寧な解説をご紹介します。
少し長いですが、最後までお読みいただければ問題点がよく分かります(よりマニアックな方は、日弁連のHPをご覧ください)。
なお、写真は、文中にも出てくる墨塗りの公電です(写真の転載も大歓迎です)。
日本政府代表団はいったんは日本の制度でも対応できるように条約(案)を修正をするよう求めておきながら、なぜか、米国とサシで協議してその修正案を引っ込めてしまった。
この理由が書かれている部分だけが墨塗りなのです。

こちらをクリック↓して、ぜひ続きをご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/1cf5f4bedf3b8e43750df82308ca4771
共謀罪新設を考えるうえで、とても重要なことが書かれています。

* * * * * * * * * * * * *

こんな記事も見つけました。
「共謀罪:政府vs日弁連 HPで論戦過熱」
毎日新聞 10月20日付
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20061020k0000e040066000c.html

日弁連が先月採択した意見書
「共謀罪なしで国連越境組織犯罪防止条約は批准できます」
http://www.nichibenren.or.jp/ja/special_theme/complicity.html

共謀罪が新設されてしまったら、日本は大きく変わるでしょう。
いままでも、あまり自由にものが言える社会ではありませんでした。
けれども、こんな法案が通ってしまったら、私たちはもっとがんじがらめに束縛されるでしょう。
自由を奪われたら、政府が戦争を始めようとしても、反対の声をあげることもできなくなってしまうのです。
為政者にとって、都合の良い社会になってしまうでしょう。

治安維持法なんて作らなければよかった、戦争なんてしなければよかった。。。
こんなふうに後から悔やんでも遅いのです。


・・・それにしても最近TBスパムが多いなぁ。。。(苦笑)
一日に50コくらいくるのよね。
まとめてガシガシ削除してるけど、スパマーって無駄にエネルギッシュなんだから、もう。
その努力(?)をもっと違う方向に向ければいいのにね。

  1. 2006/10/22(日) 00:49:36|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:4|
  4. コメント:0

共謀罪を廃案に! 〜アクションのお知らせ〜

2006.10.20 Fri

来週24日に、共謀罪強行採決の可能性が高まっています。
断固、阻止しましょう!
戦争へひた走る、危険極まりない安部政権。
共謀罪法案が成立してしまったら、まさに独裁政権のやりたい放題がまかり通ってしまいます。

以下にイベントのお知らせを載せます。
(メーリングリストからの転載です)

* * * * * * *(転載開始)* * * * * * *

■22日、共謀罪反対 ”チンドン仮装パレード” やります!!

賑やかに楽しく人目を引きながら、共謀罪のヤバさを人々に伝え、廃案に畳み掛けて行こう!
楽しみながら世直ししたい人集まれーっ!
ビラまき、プラカードの人(仮装してもしなくても良い)も募集!

10/22(日) 銀座歩行者天国を派手に往復します。
14:30スタート〜15:30  ≪雨天の場合、新宿西口地下≫ 
集合、14:00時  銀座4丁目交差点、三越前  
≪雨天の場合、新宿西口地下、JR改札前≫

終了後、17時からの新宿での1億2千万人共謀の日 新宿jointデモに合流。

必要なもの

変わった格好(恥ずかしかったら変装)、 鳴り物(小鍋にスプーンでもなんでもOK。 面白いものあったらよろしく!)、
演奏したい人は楽器、小鍋とスプーンなどチンドンできる物、プラカード、 しゃべる人はネタ。
一緒に歩くだけでもいいのでとにかくみんなで集まって意思表示しよう!

* * * * * * *(転載終了)* * * * * * *

また、喜八ブログ(いつもTBありがとうございます)にて、国会議員へ直接声を届けましょう、と
「安倍内閣 衆議院 法務委員会名簿」が掲載されています。
http://kihachin.net/klog/archives/2006/10/houmuiinlist.html
http://kihachin.net/tips/houmuiin.html
電話、ファクス、メールなどで、共謀罪反対の声を伝えましょう。


さらにこちら↓にお役立ち情報があります。
「多文化・多民族・多国籍社会で『人として』」
(いつもTBありがとうございます)
http://ukiuki.way-nifty.com/hr/2006/10/post_cf7d.html
とても参考になる情報が満載です。

  1. 2006/10/20(金) 23:29:42|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:7|
  4. コメント:2
次のページ

プロフィール

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約