怒りとともに立ちあがれ!

2006.12.06 Wed

【偽善者キツィこのブログ】より、すばらしいトラックバックをいただきました。
(higasitoyokazuさん、ありがとうございます!)
市民運動とは何か、率直に問うているブログです。
記事からすこし抜粋してみます。

ナチスでもあるまいしと思ってしまうお粗末な合唱劇のシュプレヒコールや人命救助にならないヒューマンチェーンをみていると何とも無駄なことをしているんだろうと思ったり、政権を際立たせる「自民党のヤラセなの?」と思ったりもする。
「寒ぶいよ」と思った人もいたであろう。
「本当に改正案の反対しているの?」と思たりもする。
(原文ママ)

まず私が思うのは、市民運動がいまだ成熟にいたっていないという点です。
シュプレヒコールは、もはや伝統芸能なのです。
一般市民に対しても、政府に対しても、これがどれほど訴える力を持っているかは、きわめて危ういと言わざるを得ません。
【偽善者キツィこのブログ】の記事に寄せられていたコメントで、【情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士】のヤメ蚊さんが指摘されていたように、「市民運動側が遅れをとっているのは間違いない。」のです。
もっとしたたかな、そして強力な戦術を考えなければ、と思います。
せっかく政府のしていることの危険を察知していながら、目が半分しか開いていないのでは、何も打開できないでしょう。

しかし、一番問題なのはもっと別な点にあります。

このようなことになってしまう最大の原因は、戦後60年の保守政治が人々をこれほどまでに盲目にし、国民を骨抜きにしたことにあります。
つまり、保守政治は60年かけてこうした国民を作り上げたのです。
したたかです。
きわめて巧妙です。

これに抗うには、さらに上を行くしたたかさ、巧妙さを持たなければ、何も解決しないでしょう。

政府は野党欠席の中、新教育基本法を可決しました。
ウソだらけの答弁を国会で行い、そんなことどこ吹く風で共謀罪も審議入りしようとしています。
「とんでも法案が超特急で国会を通過していく。」【保坂展人さんのどこどこ日記】より

国民の目が半開きであることなど、与党は百も承知です。
だから、こうした乱暴で国民をなめきったことができるのです。

higasitoyokazuさんは、

例えば改正案反対派に関して特化して言えば「最後の最後まで反対するぞ!」「教育に格差をもたらすな!」などとシュプレヒコールを上げるのなら何故、財政再建団体移行を決めた夕張市に乗り込まないのか。

と書いていらっしゃいます。
私は、これは夕張だけでなく下関でもいいと思います。
「あるかぽーと」の建設で大揺れに揺れている地域ですから。
もう、卍固めどころか、バックハンドブローの後レバーにフックでも入れてやりたいです。
こうした、「私の地域」の「問題」を「私の地域のみんな(議員も‘みんな’のうちに入ります)」に働きかけることは、きわめて大切です。
そしてそれは民主主義の、議会政治の根本を成すのです。
まさにこれこそが「主権在民」であり、「人権」なのです。

怒りを持ったなら、考えなければなりません。
そして考えたなら、怒りとともに立ち上がりましょう。
本当に戦争がいやなら。



  1. 2006/12/06(水) 00:23:54|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:7|
  4. コメント:3

プロフィール

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約