「つながり」は権力をくじく

2007.02.28 Wed

このところ、あれま!と言いたくなるような出来事が続いておりますなぁ。

その1. 
在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の関係団体が主催者となって、人権侵害をテーマに、日比谷公園で集会を予定していたら、東京都が公園の使用許可を取り消すよう、公園に指示したそう。
理由は、「現在の日朝関係や拉致被害者家族のことを考えて」だそうで。

あちゃ〜、こんなんじゃますます朝鮮の人たちは、真剣に人権侵害について考えなきゃいけないじゃん。
だってそうでしょう。
日朝関係がぎくしゃくしてるなら、より朝鮮の人たちに集まって意見をまとめてもらい、日本も日本で考えをまとめ、それでお互い同じテーブルにつくと。
そういうことをする必要がぜひともあるんじゃないの?
拉致被害者家族のことを本気で考えるっていうなら、日本人だって朝鮮人の人権を尊重しなきゃならんでしょうが。
なんで朝鮮人が集会を持たなきゃならなかったか、東京都は胸に手をあてて考えてほしいよ。
ん?
東京都?
ありゃりゃ、シンタロウだよ。
朝鮮の皆さま、シンタロウの弾圧に負けず、がんばってください。
私は日本人として皆さまと同じテーブルにつきたいと、本気で思っておりますよ!


その2.
君が代の伴奏を拒否した教師が懲戒処分になり、処分取り消しの訴訟があったそう。
結局その教師への処分は「合憲」が確定。
理由のひとつは、
「公務員は全体の奉仕者で、思想・良心の自由も職務の公共性を理由に制約を受ける」
というもの。

こわいなぁ〜、これ。
だってこれじゃ公務員は戦争を拒否できない、でしょ。
なにしろ「思想・良心の自由も制約を受ける」んだから。
それに最初は公務員と限定されていたって、そのうち日本国民全員になっちゃうでしょ。
こんな判例が出来たんじゃ、たまったものではありませんなぁ。

もう、ファシズム真っ盛りだよ・・・

こんなことが相次ぎ、いったいどうしたらいいのでしょうか。
と思っていたら、知人にして平和活動家でいらっしゃるI氏が、メールでこんな文を教えてくれました。

あちらが人々をお互いから引き離し、孤立させようとするなら、
私たちは、その逆をいきましょう。
つながるのです。
各々の地域社会にオルタナティプな行動の拠りどころが必要です。
他人との連帯のなかで、
自分自身の価値観を身につけ、
自衛の手段を学び、
自分の生活に主導権を取り戻し、
そして周囲の人々にも手をさしのべるのです。

これはノーム・チョムスキーの言葉で、チョムスキーとメディアにあることも教えてもらいました。

今、必死になってつながらなければ、確実に戦争になるでしょう。

  1. 2007/02/28(水) 23:22:59|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

お知らせ

2007.02.25 Sun

みなさまこんちには。
どうやらこのブログは、トラックバックやコメントが現在受信できない状態になってしまっているようです。
もしTBやコメントを書いてくださった方がおられましたら、大変申し訳なく、お詫び申し上げます。
さきほどコメントを自分で書いてみましたら、送信できたり出来なかったり、と不安定でした。
DTIブログに問い合わせを行おうと思っております。
   〜JesusMaryより〜

【追記】2月26日現在

な、なんと!
新手の問題発生です。
この記事には「報道基本法制定委員会」の寸胴さまより2件のトラックバックをいただいております。(寸胴さま、いつもありがとうございます!!!)
ところが本ブログトップページであるhttp://jesus.9.dtiblog.comからこの記事を見ると、トラックバック数は「ゼロ」となり、同記事のURLであるhttp://jesus.9.dtiblog.com/blog-entry-93.htmlから見ると、ちゃんとトラックバック2件となっている。。。
同じ現象が「村野瀬玲奈の秘書課広報室」の村野瀬玲奈さまからいただいたトラックバック(村野瀬玲奈さま、トラックバックありがとうございます!!!)にも。。。

うぬ、怪現象かッ?
いや、DTIがなんとかしてくれるッ!

問い合わせメールをさっき送ったら、

「本日より週末に入ります為、お問い合わせ内容によっては
ご返答までにしばらくお時間をいただくことがございます。」

と自動返信が来た。。。
あのさ、今日月曜だよ?
本社がアメリカだから時差があるのは分かるけど、それを差し引いても今日から週末なのですかい?
アメリカと言えばブッシュ、ブッシュと言えば帝国主義のチャンチキ独裁者、そうか、あのチャンチキのせいでアメリカはこれから週末なのか。。。

がんばれ、DTIッ!
このブログはチミの双肩にかかっているッ!

今日はやたらに「ッ!」が多いですが、それはコレのせい。
なにはともあれ、当ブログにお越しの皆様にはご迷惑をお掛けしております。
誠に申し訳ございません。
なんとか解決してみせるぞーーーーッ!

  1. 2007/02/25(日) 14:30:48|
  2. お知らせ|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:0

死刑囚が100人

2007.02.25 Sun

先日、宇都宮で宝石店を襲い放火し、店員ら6名を死亡させた犯人に死刑判決が出ました。
死刑になった理由の一つとして、那須弘平裁判長は「遺族の処罰感情は非常に厳しい」ということを挙げています。

6人の命を奪ったことは、あまりにも重大な犯罪です。
なんらかの刑罰があるのは、当然でしょう。

けれども感情で死刑が決定されてしまうことに、私JesusMaryは危惧の念を隠せません。
法律の適用を感情で行うなんて、おかしいのではないかと思うのです。
那須弘平裁判長の決定は、理解に苦しみます。

殺害をした人への返り討ちで、遺族の感情はおさまるのでしょうか。
むしろ、遺族の心のケアとして、福祉の充実をはかるほうが先決のように思います。
もし天涯孤独の人が殺害されたら、刑は軽くなるのでしょうか?

私JesusMaryは死刑制度に反対です。
死刑もまた戦争と同じで、国家による殺害だと思うからです。
死を償うには、死しかないとはとても思えません。

宇都宮の事件で死刑囚は合計100人になったそうです。
この100人のうちで、誰かの感情が理由で死刑が決定された死刑囚がいるかと思うと、やりきれません。
死刑について、多くの議論が出ることを切に望みます。

  1. 2007/02/25(日) 01:46:58|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

昔むかしの農水省

2007.02.21 Wed

今日、仕事で「マイコトキシン」なるものについて、ちょいと調べる必要がありました。
なんでもカビから出る毒のことだそうで。
広辞苑だと、

マイコトキシン 【mycotoxin】
カビの産生する有毒物質の総称。
食中毒、肝障害などの原因となり、アフラトキシンなど一部は強い発がん性を持つ。

だそう。
うひゃ、いかにも凶悪って感じ。

このマイコトキシンのくっついた、ばっちいお米が戦後の食糧難真っ最中に、大量に日本に入ってきちゃったのだそうです。
うげげ。
そうしたお米のことを「黄変米」というそう。
ウィキペディアに詳しく載ってます。

これを見て気になるのが、黄変米に対する当時の政府のトンデモ発言です。
「黄変米の危険性は科学的に解明されていない」という詭弁を使って、安全基準を緩め配給を強行しちゃったのですね。
さらに、うげげ。

ウィキペディアのページにリンクがありまして、当時の衆議院会議事録、第024回国会の様子が読めます。

ちょっと見てみましょう。

○田中(彰)委員 食糧庁長官にお尋ねしますが、今黄変米が在庫どのくらいあるのですか。
○小倉説明員 十二万五千トンございます。
・・・
○小倉説明員 今お尋ねの点についてのお答えでございますが、イスランジア黄変菌が入っておるものにつきましては、先ほども経過の御報告の中に申し述べましたように、一応断定的な結論が出まして、それによりますと再搗精をして無菌なものは食糧に回してよろしいということになったのでございますが
・・・
○田中(彰)委員 国民の税金でまかなって買った米が、十二万五千トンも三年間倉庫にほってある。
・・・
消毒も何もしないで、こぬかをつき料にやるから、それが流れて害を及ぼす。こんなことは正しいことではない。
・・・
ここに刑事局長がおられますから大がい知っておいでになるだろうが、どれだけの伏せられたものがありますか。ただそんなことをやると、国家がひっくり返ってしまったり、いろいろなことがあるからやらないのだ。そこをあなた方はお考えにならなければいけませんよ。あなた方がしっかりしたら、大臣だって幹部だって、悪いことはできませんよ。あなた方がそういうことをやるから、みんなつながって引き込まれたりして、いろいろなことをやってくる。この問題をどう考えておられますか。はっきりした御答弁をして下さい。
○小倉説明員 黄変米につきましては、先ほども申し上げましたように、再搗精いたしまして、無菌のものは加工食糧の方に回す、それから不良のもの、再搗精して検査の結果菌があるということになりましたものは、工業用原料、あるいは飲用アルコール、こう一いう方面に回す、こういう方針をもちまして、ただいま仕訳、検定の方法につきまして協議を重ね、研究を重ねておるのであります。従いまして、とりあえず処分できますのは、肉眼でもってこれはだめだというようなものにつきましては、食糧以外の加工用に回すことがができますので、そういうことで手続を進めておるのであります。
・・・
○小倉説明員 先ほど申し上げたのですが、搗精は全部いたすのでございません。加工用にも、食糧用にも回せないというものは搗精はいたしません。これはそのまま処分します。それから黄変米の処分の問題でございますが、出せるかどうかという問題につきまして、試験的なもの、あるいはその他のことにつきましても、もちろんこれは問題が問題ですから、上司にも相談いたしますが、私ども食糧庁の責任としてできます。
○田中(彰)委員 あなたは搗精々々で、頭が搗精のこと一点張りになっておりますが、搗精というのは、われわれがここにおられる山田君や吉田先生と一緒に行ったときに、方法がないなら皮をむいてみたらどうかといって立ち話をしておったのをばかの一つ覚えで、いいと思っているが、そんなものはいいか悪いか分りませんよ。
(後略)


いやはやなんとも侃々諤々、口角泡を飛ばしての勢いだけど、なけなしの税金で買ったお米がこんなことになってしまったのですから、けだし当然といえましょう。

これを見て、やはりと申しましょうか、思い浮かぶのは現政権です。
国民二の次の農林省(現:農林水産省)のありさま、汚職云々。

私も言ってみたいな。
「柳澤大臣、あなたは機械だの時間を売るだけだの、頭が国民を人間扱いしないこと一点張りでありますが」
とか、
「安倍総理大臣、国民投票法案などというものが害を及ぼす。
こんなことは正しいことではない。
あなた方がしっかりしたら、大臣だって幹部だって、悪いことはできませんよ。」
なんてね。

  1. 2007/02/21(水) 21:40:38|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

聞いて!聞いて!!【へんな改憲手続法】

2007.02.20 Tue

ミュージシャンのZAKIさんが、

国民投票法案反対!
と力いっぱい歌っています。

【へんな改憲手続法】です。

ZAKIさんがMP3の音源を提供してくれました。
ぜひ聞いてくださいね。
ここをクリックするとダウンロードが始まり、再生ソフト(Windows Media Playerなど)が自動的に起動します。

いまの憲法を、より戦争をしないために変えるなら私JesusMaryは歓迎します。
でも自公の改憲は「戦争まっしぐら法案」でしょ。
たまったものじゃないなぁ〜
5月3日の憲法記念日に法案を通そうとしているようですが、
憲法記念日を真っ赤な血で染めるわけにはいきません。
ほっとけません。
いや、ほっといちゃこっちの命が危ないよぉ〜

【へんな改憲手続法】 歌詞  へんな共謀罪の歌、第2弾

今安倍政権が決めようとしている  国民投票法!
実は憲法改悪するための手続法  日本がまた戦争する国になってしまう!                 

1、へんな投票法 だから 改憲手続法
国民投票法と言いながら、その実態は “憲法改悪手続法”!
9条改悪して戦争出来る美しい国! なんじゃそりゃぁー

2、へんな投票法 だから 改憲手続法
自衛隊に戦争させるには、
目の上のたんこぶ“戦争放棄の憲法9条、”!
改悪したくてしょうがないんです。

3、へんな投票法 だから 改憲手続法
安倍政権の取り巻きは、爺さんの代からの軍事産業だ!
自衛隊に兵器を使い捲くらせたいんです。

4、へんな投票法 だから 改憲手続法
戦争狂いのブッシュ政権、バックは軍事産業
安倍政権とおんなじだー!
日米戦争同盟かーー! あほな欧米化すんじゃねー!

・日本人が戦場で殺し合いさせられる、改憲手続法
こんな法律絶対やめさせよう!!

5、へんな投票法 だから 改憲手続法
米軍再編と言いながら、自衛隊を米軍と一体化!
一緒に戦争させる準備が着々と進んでいる!

6、へんな投票法 だから ひでえ手続法
逮捕の恐怖で言論封殺
公務員や先生が改憲にものを言えなくなる!
投票予想を公表しても逮捕!

7、へんな投票法 だから ひでえ手続法
全国民の過半数じゃなく、
政府に騙された少数の国民だけで憲法を変えられる!
反対する在日市民も逮捕で弾圧!

・この恐ろしい、改憲手続法
憲法を守る候補に投票して行こう!!
そうすれば子供達が戦場に送られることはないですよー!

8、へんな投票法 だから 改憲手続法
憲法改悪国民投票、
直前に告知して国民に考える暇も与えない!
国民投票法は平和政権の元で作って行けばいいんです!

9、へんな投票法 だから 改憲手続法
新聞やテレビは黙らせる、
どうとでも難癖、虚偽の改憲報道はみんな逮捕!
改憲反対報道への公然たる脅し!

10、へんな投票法 だから 改憲手続法
お金が物言う広告はOK
金ない市民は反対広告が出来ない!
金を使える政府の独壇場!
国民がマインドコントロールされてしまう!

安倍政権の手によるこの恐ろしい、改憲手続法
国民の声で絶対廃案にしてやろう!

  1. 2007/02/20(火) 01:20:51|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:6|
  4. コメント:2
次のページ

プロフィール

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約