【うちなー讃歌】を大絶賛する

2007.03.30 Fri

先月30日、文部科学省が教科書検定の結果を発表しました。
第二次世界大戦の沖縄戦で、日本軍が住民に集団自決を強制したという内容に「検定意見」がつけられたそうです。
これを受けて各教科書では「日本軍による」という部分を削除したとのこと。
なんでも
「実態について誤解する恐れがある」
「以前から(命令や強制はなかったとする)反対説との間で争いがあり、軍の命令があったと断定するのは不適切で、今回から意見を付けた」のだそうです。

空襲も日増しに激しくなって、敵軍の沖縄上陸も近いと肌で直感した一家。(中略)
三人の兵士からは更に厳しい口調。仕方なく、爆撃のない頃をみて、自分たちの壕を後にした。
このむちゃくちゃな「壕提供」が沖縄の各地で展開されている。家族の身を守る為に、これを拒否して切り殺された人もいる。
(中略)
病院とは名ばかりの何もない所で、母の着く前夜に、「水が飲みたい」と訴えた兄。叔母が桶から手探りで汲んで飲ませた。電気もない、遠くにランプのほのかな灯りがあるだけだ。明けて、息途絶えた兄。桶の中には血や泥の水。何とか砲弾の中は生き延びたものも、きれいな水も飲めず、おいしいものも口にできずに、わずか三歳で逝った兄。


この引用は、書籍「うちなー讃歌」からのものです。
著者は

沖縄・平和・9条に関して散文と詩と写真で考える

というブログを運営しておられます。

息をのむほど美しい沖縄を、著者みずから撮った写真のかずかず。
ふるさと、家族、仲間、自然を暖かく歌いあげる詩。
本には、大きなものから小さなものまで、遠くのものから近くのものまで慈しむ著者の豊かな心が横溢しています。

先週、【へいこうせん】でミーティングを行いました。
そのとき初めてこの本の著者にお会いしました。
辺野古を空撮したときは、体を乗り出し、まさに身を挺しての撮影だったとか。
誰にも撮ることのできない貴重な一枚であり、「うちなー讃歌」にも収められています。
また運営されているブログにも、驚くほど美しい写真が満載されていて必見です。

そしてにわかに話を冒頭の「教科書検定」に戻せば、事実はこの「うちなー讃歌」にあるのです。

冗談もほどほどにせいよ、文部科学省!

戦後60年経って、今度は「教科書」を武器に沖縄を傷つける・・・
こんな暴挙は断じて許せるものではありません。
嘘の教科書で、多くの子どもたちはだまされていくことでしょう。
安倍政権の暴走の一端が、ここでもあからさまになっているのです。
教科書を読むより、この「うちなー讃歌」を読むほうが、はるかに子どものためになることは間違いありません。

  1. 2007/03/30(金) 22:44:43|
  2. 書籍|
  3. トラックバック:8|
  4. コメント:6

都知事選に頭を抱える

2007.03.21 Wed

統一地方選挙が間近になってきましたね。
私は都民ですので、都知事選挙は喫緊の大問題。

でも。。。

誰に投票しようか、かなり頭を抱えちゃってます。

浅野史郎さんは、なかなか頑張ってくれそうです。
福祉に力を入れてくれるだろうな、というのがよく伝わってきますし、労働問題解決にも積極的ですね。

でも憲法についてはどういう意見なんだろ?
「日の丸」、「君が代」問題についての強制的な対応を改める、とは言うものの、日本の安全保障についてこう考える、というのが見えてこないのはなぜ??

こういったところにちょびっとでいいから、発言があるといいのにと思います。
でないと政治家としての基本的なスタンスが、あいまいになってしまうように感じるのです。
私たちが選ぶのは、福祉のプロデューサーではなく政治家なのですから。

でもそうはいってもこれだけ具体的に福祉や労働政策を掲げている候補者が魅力的であることは確かなのです。

次は吉田万三さん。
この方もなかなか良いことを言ってますね。
「憲法を都政の中心に」だそうですし、福祉や格差社会の問題にも具体的な政策案を掲げています。
ただ、いままで共産党が推してきた候補者はことごとく敗退しています。
またそうなるんじゃないかと心配になってきます。
投票に行こうとする大多数の人に決定打を与えることがないのですなぁ。

他の候補者もいますが、どうも「う〜ん」です。

え?
「あの」候補者を忘れてるって?

いえいえ、都民の税金を私物化、やりたい放題、戦争へ向かってレッツゴーのアノ人を忘れたりするものですか。

ですから一言。

ノーモア シンタロウ



  1. 2007/03/21(水) 00:23:48|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:5|
  4. コメント:0

絶滅の意味するもの

2007.03.19 Mon

前回、「虎穴に入らずんば」などというタイトルで記事を書いたため、

今回はそのものずばり、トラについて書いてみようと思います。

トラといいましても、いろんなトラがいますね。
スマトラトラ、ベンガルトラ、アムールトラなどなど。
この全部の種類のトラをあわせて、今地球上に何匹のトラがいるかといいますと、実に驚いたことに5,000頭弱、です。

たったの5,000頭。。。
この数字に愕然としてしまいます。

トラと聞いて、その姿かたちが分からない人はいないでしょう。
それほどポピュラーな生き物ですが、その数はひじょうに少ないのですね。
なんだかインドあたりに行けば簡単にいそうな気がしますが、とんでもない、のですなぁ。

なんでこんなに減ったかといえば、それは率直に言って人間のせいです。

毛皮は高値で売れます。
虎骨が精力剤になるという迷信があります。
たかだかそんな人間の都合で、トラは激減し絶滅の一途をたどっているかと思うと、腹立たしいかぎりです。

こうしたことは野生生物保全論研究会のサイトに詳しく載っています。

世の中いろんな生き物がいまして、その多様性が地球という惑星の存続には欠かせないわけでございます。
江ノ島水族館で、モナコ水槽を使った実験をしたことを思い出します。
モナコ水槽というのは、その水槽内で生態系が完全に出来上がっています。
その水槽にある生物を一種類ずつなくしていきます。
つまり絶滅させるわけです。
そうするとn番目にある生物が絶滅した途端、水槽にいる生物全てが死滅する、という実験でした。

トラのみならず、絶滅の危機にある動物、鳥類、昆虫類、植物はたくさんあります。
ある種が絶滅した途端、人間も絶滅する。。。
地球に生きているのは人間だけじゃないのに、とつくづく思います。

  1. 2007/03/19(月) 00:43:46|
  2. 環境・生物|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:0

虎穴に入らずんば。。。

2007.03.16 Fri

[こんにちは、安倍晋三です]

● 更生する少年たちの心

「みなさんご安全に。工程課厚板係の安倍晋三です。」

久しぶりに訪れた神戸製鋼所加古川製鉄所で、現場の皆さんに挨拶しまし
た。「ご安全に」は、製鉄所の中で日常的に交わされる挨拶で、危険をとも
なう現場でお互いの身を気づかう、心の通った言葉です。

私の社会人としての原点がここにあります。「産業のコメ」とも言われる
鉄をつくりながら、現場ならではの厳しさや、やさしさ、仕事への誇りにあ
ふれていたことを今でも覚えています。

(中略)

この日、広島の少年院も訪ねました。再非行1.1%、少年院送致0%。
昨年、ここを出院した少年の保護観察結果です。ここ数年、劇的な矯正を実
現しているこの数字の裏に、どのような教育があるのか、是非とも見たい所
でした。

ここでは、自尊心を傷つけられ、疎外感を感じている子どもたちに、社会
的絆をつくる教育が行われていました。愛情、信頼、といった心を育てるこ
とが社会に適応する能力を形づくる鍵となるのだと思います。

かつて、親に向かって「自分を売った」とまでなじった少年も、「小学3
年生でいじめを受け、誰も信用できなかった」と告白した少年も、「この少
年院に来てよかった、失敗があっても、苦しくても、つらくても、寮の先生
やみんなと一緒にのりこえることができた」と話しました。

「もう絶対に人生を間違えないように一歩ずつ歩んでいきたい。」と語る
少年の純粋な目を見ていると、私も目頭が熱くなりました。

失敗をくりかえした末に悟った信頼の大切さや失敗をのりこえることによ
って体得した強さは、少年たちの人格を形成する幹となり、これからの人生
を支えていくに違いありません。少し遠回りをしたけれども、立派に更生し、
社会に出て、夢に向かって生きていってほしいと思います。

教育再生について中央教育審議会の検討結果が答申されました。教育につ
いては、様々な意見がありますが、私は、子どもたちの命や安全にかかわる
ことや、教育を受ける権利の侵害については、国が最終的な責任を負わなけ
ればならないと思います。こうした考え方にたって、教育再生のための法案
を速やかに提出するよう指示しました。

国会では、参議院での予算審議が始まり、精力的な議論が交わされていま
す。私たちの生活にかかわる重要課題は目白押しです。一つひとつ、着実に
課題をのりこえていきたいと思います。(晋)

※ 26年ぶりの職場/少年院(ライブ・トーク官邸)


冒頭から引用してしまいました。
これ、【安倍内閣メールマガジン 第21号】からの引用です。
えぇ、あるんですよ、安倍ちゃんメルマガって。
私はいくつかのメルマガをとっていますが、

虎穴に入らずんば虎児を得ず

な〜んて考えながら配信依頼をしたのはこれだけです。
これを読んでいて、あるいは上にもあるライブトーク官邸での話ぶりを見て、いつも感じるのは

「ロボットみたい」

ってこと。
国民にコレを訴えたいから書いているんだ、とか、話しているんだ、というココロが感じられないのね。
ガリ勉(なんだか懐かしい言葉ね)の小学生が、良い点とるために一所懸命書きました、みたいな。

改憲ロボットはどうやらバグだらけで、インプットされたプログラムは無限ループに陥っているようです。
国民がちゃんとデバッグしないとね〜

このメルマガを読んでみたい、という方はココからどうぞ。


【JesusMaryの名曲アルバム #8】

今日はロボットつながりで、
Kraftwerk のThe Robots です。

こっちのロボットはいつ聴いてもいいなぁ。

  1. 2007/03/16(金) 01:16:31|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:2

♪♪「平和のつどいINさかい」〜強烈に、まるごと平和三昧!♪♪

2007.03.06 Tue

関西にいらっしゃる方、ぜひお出かけください。
オススメです。
主催中心メンバーの★遊牧民★様のブログもあわせてどうぞ。

♪♪♪堺でイベントやさかい♪♪♪
◆平和の井戸端会議&市民社会ファーラム共催、へいこうせん協力企画 

♪♪「平和のつどいINさかい」〜強烈に、まるごと平和三昧!♪♪

○日時 3月10日土曜日 14:00〜19:45
(3部構成・入れ替え制・時間は若干遅れる場合があります)
○会場 創造空間BOX1-6
 (大阪府堺市内・南海高野線堺東駅下車西へ徒歩7分
または南海本線堺駅下車東へ徒歩15分)
 TEL&FAX072-227-6123(創造空間BOX1−6・かみや)
 地図URLはこちらです

【入場料】(3部構成・入れ替え制)
◆通しパスポート
 (第1部〜第3部まで出入り自由の「フリー・パスポート」)おひとり1500円
◆各部のみのご参加
 第1部 「みんなで平和の井戸端会議をしませんか?INさかい」500円
 第2部 特別講演 1000円
 第3部 かわさきゆたかライブコンサート 1000円
※中学生以下は無料。
 65歳以上と身障者手帳(またはこれに類するもの)ご提示で「通しパスポート」1000円

【タイムスケジュール】(3部構成・入れ替え制) 開場 13:30

■第1部 14:00〜15:30
「みんなで平和の井戸端会議をしませんか? IN さかい」
〜頑張っているNGO(または個人)のアピール交流集会です。
◇アピール出演団体(または個人)を募集しています。
アピール割り当て時間は1団体(または個人)約5分です。
アピール出演条件は「最低1名の有料入場確約」です。
アピール出演ご希望の団体(または個人)は下記の遊牧民様のメアドまで。
dubhw208@sakai.zaq.ne.jp

アピール出演のお申し込みをいただきますと、
メール広報の協力団体欄に掲載いたします。

■第2部 16:00〜18:00

特別講演 
 「どうなる? 教育と民主主義!」
 改悪された教育基本法! 日本の民主主義が崩されていく!」
講師 高嶋伸欣(たかしま のぶよし)さん (琉球大学教授)
◆プロフィール
1942年東京生。東京教育大学(現・筑波大学)地理学専攻修士課程終了後、68年から96年の間、同大学付属高校社会科担当教員。
以後、筑波大学教育学部教授・社会科教育専修。
教材研究のため75年以後、東南アジアで日本軍による住民虐殺を中心に調査。
主に教員を対象とする研修旅行を企画実施、地元側と共催で追悼行事を開催、高嶋教科書裁判(93.605.12)原告
主な著書(単著)
 『八〇年代の教科書問題』(新日本新書 1984年)
 『教育勅語と学校教育』(岩波ブックレット 1990年)
 『教科書はこう書き直された!』(講談社 1994年)
 『拉致問題で歪む日本の民主主義 石を投げるなら私に投げよ』
  (スペ−ス伽耶2006年)

■第3部 18:30〜19:45

かわさきゆたかライブコンサート 「愛・平和・祈り・叫び!」
◆出演 
かわさきゆたか(ヴォーカル&ギター)
秋元 しん(♭マンドリン)
かわさき洋子(朗読)

■番外編 20:00〜21:00 
高嶋先生や、かわさきゆたかさんを囲んで簡単な「懇親会」を開催します。
懇親会参加費・おひとり1000円

21:00完全終了

※各部とも予約不要ですが、会場は50名で満員になりますので、
 あらかじめご予約いただければ幸いです。(お支払いは当日でOKです)
予約用メールアドレス(遊牧民様) dubhw208@sakai.zaq.ne.jp

◆共同主催  「市民社会フォーラム」/「平和の井戸端会議」
◆協力団体 
「平和と公正の選択(へいこうせん)」
「創造BOX1−6」
「堺平和のための戦争展実行委員会・金岡公園ピースメモリークラブ」

ライブドアニュースに予告記事が掲載されています♪

  1. 2007/03/06(火) 00:07:10|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:8|
  4. コメント:2
次のページ

プロフィール

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約