【自衛隊装備】 ハウマッチ?!

2007.09.27 Thu

私は市民社会フォーラムのメーリングリストに入っております。
そのMLで、自衛隊が装備している恐ろしげなモノの値段を教えていただきました。
ざっとこんなです。

【防衛省】契約本部における主要調達品目・単価表
(モトのソースがテキストなので、見やすいようにと表にしたら、なぜか表がう〜んと下に行ってしまいました。すみません)











































品目単価(円)
89式 小銃¥338,792
1.56mmMINIMI機関銃¥2,040,816
2.7mm 重機関銃¥5,128,205
87式対戦車誘導弾発射装置¥800,000,000
81mm 迫撃砲L16¥8,333,333
120mm 迫撃砲RT¥33,333,333
99式自走155mm りゅ う弾砲¥942,857,143
90式戦車 (車体・火砲)¥725,000,000
軽装甲機動車¥26,250,000
96式装輪装甲車¥93,333,333
87式偵察警戒車¥200,000,000
99式弾薬給弾車¥400,000,000
90式戦車回収車¥500,000,000
91式戦車橋 ¥500,000,000
78式雪上車¥20,000,000
化学防護車¥100,000,000
戦闘へリコプター(AH‐ 64D)¥5,200,000,000
観測へリコプター(OH‐ )¥1,950,000,000
多用途へリコプターUH‐60JA)¥4,000,000,000
多用途へリコプター (UH‐1J)¥800,000,000
輪送へリコプター(CH‐ 47JA)¥5,000,000,000
3式中距離地対空誘 導弾¥26,900,000,000
81式短距離地対空誘導弾¥4,800,000,000
93式近距離地対空誘導弾¥2,500,000,000
91式携帯地対空誘導弾¥1,100,000,000
96式多目的誘導弾システム¥3,900,000,000
01式軽対戦車誘導弾¥3,200,000,000
潜水艦(SS)¥35,400,000,000
掃海艇(MSC)¥7,500,000,000
多用途支援艦(AMS)¥3,050,000,000
砕氷艦(AGB)¥32,500,000,000
哨戒へリコプター(SH‐60K)¥3,728,571,429
救難飛行艇(US-2)¥7,200,000,000
迎撃戦闘機(F‐15) 近代化 ¥1,250,000,000
支援戦闘機(F‐2A/ B)¥10,580,000,000
空中給油・輸送機¥23,500,000,000
救難捜索機(U‐125A)¥4,200,000,000
救難へリコプター(UH‐60J)¥4,000,000,000
初等練習機(T−7)¥233,333,333
地対空誘導弾ぺトリオット¥54,400,000,00
軽装甲機動車¥25,000,000
次期固定翼哨戒機及び 次期輸送機¥78,100,000,000
新戦車¥10,000,000,000
中央指揮システム¥4,500,000,000

私の生活にはとんと縁のないケタばっかりよ。
戦車って高いのねぇー
なんて感銘を受けている場合じゃないです。

私たちの税金が人を殺す道具のために、こんなにたくさん使われている、という憤りは言うまでもありません。
これが憲法9条を持っている国の税金の使い方とは、聞いてあきれます。

地球の裏側、ジンバブエではインフレ率が1,200%です。(2006年8月現在)
物価上昇率は586%。
失業率は71%。

あまりにズルいのではないでしょうか。
日本の政府は国際貢献などと、まことしやかに言っています。
ほんとうに海外に貢献したいなら、兵器を買い漁るより、その資金でもっと豊かになる道がいくらでもあるでしょう。
いかに日本の「国際貢献」がうそっぱちか、たやすく理解できます。
アメリカの言いなりになって、日本国民の税金を湯水のごとくに使う、あさましい日本政府の姿を、こうした数字は雄弁に語っているように思えるのです。

インフレ率1,200%の世界がどんなか、想像もつきません。
どれほど逼迫し、人々が窮地に立たされているか、考えるだけで恐ろしくなります。
ぜひ多くの方に知っていただきたい数字です。

  1. 2007/09/27(木) 22:28:25|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:0

安倍氏の退陣

2007.09.20 Thu

へいこうせんのサイト・リニューアル作業が完了しました。
あとは新着ネタをアップしていくだけです。
新しいアピール文の第一パラグラフは「ほっとけない 安倍政権」。

なんてやっていたら、あらら。。。

安倍氏退陣。

アピール文も手持ちのネタも、すべて「安倍打倒」が根底ですから、サイト製作者のココロは複雑です。

うぅ〜、安倍ちゃんてば、最後の最後まで、いろんな意味でハタ迷惑なやつ。。。(^^;

めでたい崩壊ではありましたが、全国民の壊憲に反対する強い意志に押されての退陣ではなく、失策、失言などが原因となった「自滅」の色合いのほうが濃いように思っています。
決して、国民の存在が国家の上に置かれたわけではなく、今もって国家を国民の上に置く政治であることに変わりはないと思います。

ただ、格差社会拡大はまっぴら御免、その元凶のひとつが安倍氏であるという認識は、国民の間に深くあると思われます。

こんなことを考えていたので、安倍政権が終焉となっても、そんなに単純には喜べませんでした。

でも。。。

去年と今とでは大違い。

きっと来年の今頃はまた大きな変化があるはず。

ちょっとずつ、日本が変わってきているのを感じます。

  1. 2007/09/20(木) 22:11:21|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:4|
  4. コメント:0

便利!音楽ビデオ検索サイト【ユトレヒト】

2007.09.01 Sat

たくさんの動画がアップされていて頼もしいYouTubeですが、
もうちょっと、検索がしやすければいいのに。。。
と思っておりました。

私の場合、YouTubeの利用目的はほぼ、音楽の動画です。
まれにこんなの↓見て、爆笑してたりしますが、めったにないことです。

【悲劇の空手】


YouTubeの場合、動画のカテゴリは「音楽」「スポーツ」などとなっています。
これですと、ベートーベンとSex Pistolsが同じカテゴリに入るわけで、もう少し細かく分けてあったほうが便利だと思っていました。
バンド名で検索したい場合、「Einstürzende Neubauten」みたいにめったになさそうな名前ならいいのですが、ありがちな単語で出来た名前だとヒットしすぎて大変です。

もうちょっとなんとかならないかなぁ〜、と思っていましたら。。。

ありました。

めちゃ便利なのが。

ユトレヒト】です。

「Utrecht「ユトレヒト」はミュージックビデオに特化した検索エンジン」とのことで、運営は個人の方がやっておられるご様子。

ジャンル検索」というページを見ますと、数えるのがめんどくさいほどたくさん並んでいます。

もっともelectronicとelectronicaとtechnoみたいに、対象となるバンド、もしくはミュージシャンがかなりかぶってたりしてますし、
indieとindie popとindie rockのように
「そこまで分けんでも。。。」
というようなことはあります。

でも漠然と「音楽」となっているより、はるかに便利です。
しかもレーベルでも分けてあるので、すばらしい限りです。

惜しむらくは「お気に入り」機能がないことでしょうか。
「リコメンド」機能より、こっちのほうが切実に必要だったりしますが、ま、ユーザのワガママかもしれませんね。
いずれもっと充実することでしょうし、このサイトの今後に期待大です。

  1. 2007/09/01(土) 18:34:16|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

プロフィール

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約