墓碑銘・言葉を持たぬものへ

2007.10.27 Sat

ある動物園から一頭のライオンが逃げ出した。
彼は街をさまよった。
食べられるものは、ほとんど見つけられなかった。
警察が来て、彼を射殺した。
死後、彼の亡骸を解剖すると、胃の中から、たった一枚の葉が出てきた。

テレビの動物タレントで、CMに出演したことのある子トラがいた。
彼は出演のとき以外は、いつだって檻に閉じ込められたままだった。
気晴らしに外へ出してもらえたためしはなかった。
檻の中で、彼は大人になった。
あるとき、人間が檻を開けようとした刹那、彼はその人間を襲った。
彼は射殺された。

ドイツの動物実験施設に、アロバールという子ネコがいた。
餌皿の中にすっぽりと入ってしまうほど、小さなネコだった。
生後2ヶ月で、頭蓋骨を切り取られ、脳に電極を埋め込まれた。
麻酔はされなかった。
実験が終了すると、彼の小さな骸は冷凍保存され、そして焼却された。

上述の3つの話は、実話である。
私の創作ではない。
二つめまでは、日本で起きたことであり、特に二つめは東京の町田であった話だ。

こんな話は、ほんの一例に過ぎない。



  1. 2007/10/27(土) 00:01:24|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:28|
  4. コメント:0

【講演】日本政治の展望―「活憲」を軸に

2007.10.17 Wed

今日はイベントのお知らせです。
お時間のある方にぜひお出かけいただきたいと思います。
きっと有益なひとときを過ごせますヨ!
詳細は以下をご覧ください。

市民社会フォーラム第11回東京例会
日本政治の展望―「活憲」を軸に


日 時 10月27日(土)15時〜18時
会 場 法政大学市ヶ谷キャンパス58年館867教室 
参加協力費 500円

話題提供
「活憲を展望する政治論―政治学者の立場から」五十嵐仁さん 
「活憲を実現するためには―平和活動家の立場から」きくちゆみさん
※講演後、対談、参加者との質疑応答

改憲と消費税増税を狙う自公政権は参議院選挙で歴史的敗北を
帰し、安倍首相は辞任に追い込まれ、年内に解散総選挙の可能
性もあり、野党政権実現の期待も高まっています。

参院での与野党逆転の中、当面は臨時国会で、テロ特措法延長
などが争点になります。
こうした政権交代も視野に入る時局をふまえ、憲法の理念を守
り活かすための政治=「活憲」の展望について、人気ブログ
「五十嵐仁の転成仁語」で精力的に発言している政治学者・五
十嵐仁さんと、同じく人気ブログ「きくちゆみのブログとポッド
キャスト」などで平和のメッセージを発信されている環境・平
和活動家のきくちゆみさんに、ご講演・対談いただきます。

【共 催】 
へいこうせん(平和と公正の選択を求めるネットワーク)
沖縄・日本から米軍基地をなくす草の根運動
【協 力】
平和と文化のネットワーク
グローバル9条キャンペーン

事前申し込みなしにどなたでもご参加いただけますが、
人数把握のために事前申し込みいただければ幸いです。
※お問い合わせ・申込み先:Eメール:NQC41966@nifty.com

■講師プロフィール

◆五十嵐仁さん 
法政大学大原社会問題研究所教授。ブログ「五十嵐仁の転成仁語」などで「活憲」の立場から日本政治を批評し、最近はTV番組『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中』に出演。
著書は『活憲―「特上の国」づくりをめざして』(績文堂・山吹書店、2005年)など多数。

◆きくちゆみさん
東京・下町生まれ。
マスコミ、金融界を経て、1990年から環境問題の解決をライフワークに。
911事件をきっかけにグローバルピースキャンペーンを立ち上げ、米紙への全面広告やハリウッドへのビルボードを実現。
ヒット作は『戦争中毒』。
ブログ「きくちゆみのブログとポッドキャスト」などで平和省創設を提唱。

■会場アクセス
法政大学市ヶ谷キャンパスは、JR市ヶ谷駅か飯田橋駅から徒歩。
下記地図をご参照ください。
http://www.hosei.ac.jp/hosei/campus/annai/ichigaya/access.html
http://www.hosei.ac.jp/hosei/campus/annai/ichigaya/campusmap.html

■企画チラシをご活用ください。
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/igarasikikuti.pdf

法学館憲法研究所HPの「今週の一言」欄に、五十嵐仁さんときくちゆみさんが登場しています。
http://www.jicl.jp/hitokoto/backnumber/20071015_01.html
http://www.jicl.jp/hitokoto/backnumber/20071015_02.html

  1. 2007/10/17(水) 22:29:53|
  2. 政治・法律|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:0

マンホール・ファンタジー

2007.10.12 Fri

マンホールって味わい深いと思いませんか。

私はあれが実に興味深く、道を歩くだに感に堪えません。
もし私にう〜んとたくさんの時間と旅費があったら、日本中、いや世界中のマンホールを見て歩きたいですね。

まず、路面にいきなり存在するところに興趣を覚えずにおれません。
無論、マンホールの製作者は、何も思考せずに作ったわけではないでしょう。
きっと、下水道管があーだこーだ、ガス管があーだこーだ、となってああなったに相違ないのです。
しかしその意図するところが、門外のものには伝わりにくいのです。
門外たる私には、これが意外性となり楽しいのです。

そしてあの意匠。
あるものは植物図会、あるものは人物像、あるものは幾何学模様。
ところどころ穴が開いていたり、取っ手の様なものがついていたり。
百花繚乱と言ったら言い過ぎかもしれませんが、豊富なバラエティには飽きることがありません。

正規のマンホールだけでなく、アスファルトの道路には、ときおりこう、なんと申しましょうか、ニンジンの頭みたいなヤツがはめ込んであることは、多くの方がご存知でしょう。
オレンジ色、ときおり緑色などもあるのですが、ゴムもしくはプラスチック製で直径5cmくらい、中央に銀色のネジ頭があるアレです。
ダークグレーの舗装道路という、まことに無味乾燥な平面に、突如として現れるニンジン頭。
まさしく路上のファンタジーであると私は確信しております。

な〜にがファンタジーだよ、あれはかくかくしかじかの実用があるんだよ、などとおっしゃるウツケ者は、もう知らん。

というようなことを常々思っておりましたら、同好の士がいることを最近知りました。

【マンホール友の会】


あるわ、あるわ、やっぱ百花繚乱だわ。

このカエルのなんて、最高にすばらしい一品ですな。
(東京23区のマンホール その4)
サイトには、
「かえる(下水道局のマスコット?)をデザインしている。
周りに英文で『東京の下水道 1176万6000m(1987年現在の総延長) 東京からマイアミ(アメリカ)まで』と書いてある。」

と注釈があります。

しかも、うわー、やっちゃってるよ、マンホール旅行記
すごい、外国のまである!!!

このサイトは最近アップロードされていないようで、残念です。
とはいえ、そうそう新たな意匠のマンホールがあるわけでもないでしょう。

雑踏ゆ 打ち出でてみれば 灰色にぞ
マンホールの穴に しばし見とれむ  山部Mary

  1. 2007/10/12(金) 22:47:48|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

地雷撤去作業車の弾痕

2007.10.07 Sun

今日は日比谷公園で行われた、グローバルフェスタジャパン2007に行ってきました。
10月6日は国際協力の日だそうで、それを記念して昨日と今日の2日間、開催の運びとなったとのこと。

お天気でよかった♪


難民を救おう、とか
第三世界のことをもっと知って、とか
貧困をなくそう、など
数々の市民団体がブースを出しています。

上の写真はアフリカで有名なタスカービール。
他にもラオスはビエンチャンで作ったビールも飲み、アルコールに弱い私はぐでんぐでん(^^;

でも!
酔っ払いでも平和を求めるココロは変わりません。
ラブ&ピースの酔っ払いとなりました。

展示の中でもっとも「強烈!!」と感じたのが、日立がつくった地雷撤去車でした。


この写真は、その撤去車の後ろにある窓です。
窓は強化プラスチックが二重になっているのですが、本物の弾痕がどっさりついています。
黒くみえる部分には、いずれも実弾が刺さったままになっています。

この車はアフガニスタンやカンボジア、パレスチナで活躍しているそうです。

普段の生活でこのような実弾、弾痕を見ることは、日本では稀でしょう。
実物が伝える恐ろしさを感じずにはいられません。
すかさず携帯でパチリ、と撮りました。



このワンピースは、Junko Associationのブースで見つけ、一目惚れして買いました。
1着3,000円は安いでしょ?

Junko Association
については、ぜひリンクで詳細をごらんください。
ベトナムの子供たちに教育を!と明治学院大学の学生さんたちが活動しています。

ベトナム・・・
ミャンマー・・・

先日の反ミャンマー軍政デモを思い、銃弾に倒れた長井健司さんを思います。

このワンピースを作った人は、無事なのでしょうか。

かの地に、いつ本物の平和が訪れるのでしょうか。

「国際貢献」と言うなら、ぜひこうした国の平和を推進するべく、日本の政府に努力を払ってほしいものです。
ニセモノの貢献なんて、そんなものまっぴらごめん!なのです。




  1. 2007/10/07(日) 23:43:45|
  2. 反戦|
  3. トラックバック:5|
  4. コメント:0

モンダイなココロ

2007.10.07 Sun

このところちょっとココロが疲れております。

仕事が忙しかったり
空手の試合が間近だからシゴかれたり
他にもまあいろいろと

だから余裕がなくなってるのかも

友人が

更年期障害じゃないの

なんて言うから

まだそんなトシじゃないってば

と反撃

世の中がごんごん動いているのに
こんなことでは。。。
とちょいアセります

  1. 2007/10/07(日) 01:35:52|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
次のページ

プロフィール

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約