未来から来たマンモス

2008.01.22 Tue

あろうことかあるまいことか、モノのはずみで私はこの度結婚することになりました。
世の中何が起こるかわからない、とはまさにこのことです。
私は結婚は二度目です。
前回は結婚式というものをしませんでした。
役所に届出を出してオワリ、という誠に簡素かつ盛り上がりに欠ける結婚でした。
ですので、今回はひとつ逆に結婚式をやってみようと思いたちました。

式場が正式に決定となりますと、決行日までにすることが多いのなんの。
結婚は二度目でも、式は初めてですから正直なところ驚きました。

そのさなかに新居を探さないといけないのですが、これまた一苦労どころか二苦労、三苦労です。
特にうちにはネコがいますから、どうしてもネコOKの部屋でなければならず、思うような物件はなかなか見当たりません。
このままでは通い婚になってしまいそうですが、平安貴族じゃあるまいし、現代の庶民たる我々がみやびな真似をしている場合ではありません。

頭がぼぉ〜っとしてきたところに、知人のI氏が興味深い展覧会を教えてくれました。

奇跡のマンモス「リューバ」展
約3万7,000年前に絶命したと思われるメスの赤ちゃんマンモスが、溶けた永久凍土から発見されたそうです。
ほぼ完全な状態で見つけ出され、ナゾの多い生態や絶滅の原因の究明におおいに進展があるのではと言われています。

また気になるのが、本来リューバを見られるのは22世紀か、23世紀のはずだったそう。
それが地球温暖化で永久凍土が早々と溶けてしまったため、今見られることになってしまったのだそうです。

このリューバの展覧会は東京・丸ビルで2月3日までやっているそうです。
慌しい毎日の中で、時にはこうした展覧会を見て気持ちを変えてみようかと思います。

先だっても、たまたまウィキペディアを見ておりました。
地球史年表ビッグバンなどの記事を見ていますと、日々のよしなしごとなど、あまりに小さく思えてくるのです。

今季節は冬ですから、時折夜空を眺めてオリオン座でも探してみようかと思います。




  1. 2008/01/22(火) 21:14:20|
  2. 環境・生物|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

プロフィール

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約