死ぬまでに何かを。

2008.11.21 Fri

久しぶりの記事アップです。
そしてハンドルネームを変えました。
前回記事を書いたときは「暑い〜」と言っておりましたが、時のうつろいはなんと早いことか、すでに「寒い〜」と申さねばなりません。
ただ単に記事を書くのをサボっていただけなので、ご覧くださっている方には申し訳ない限りです。

ところで最近つらつら考えることがあります。
それは自分が「最後に見る景色はどんな景色か」ということです。
つまり死ぬ寸前であるとか、あるいは自分の意識がなくなる直前など、もうダメだ、おしまいだ、となって視神経がギブアップする最後の瞬間、自分は何を見るのだろうか、ということを考えているわけです。

病院の天井、というのが一番ありがちですが、なんだかつまらない気がします。
死んだ私の母などは、このパターンでした。
もっとも、病室の天井だったか、壁だったか、それとも医者の顔かはさだかではありませんけれども、いずれにしろ彼女の最後の景色は病室の中のものでした。

・・・なんだか暗い文章になってしまいました。
いかん。

最後の景色というものを考えてみるうちに、たとえ殺風景なものを見ながら死んだとしても、何かひとつでも成し遂げたこととか、打ち込んだことがあれば、豊かな気持ちになれそうな気がしたのです。
私ごとき、たいしたことは出来そうもありませんが、それでもほんの少しでも「何か」があったらいいだろうと思うのです。

幸い私はまだ死ぬような歳ではないので、ゆっくりと自分がなすべきことを模索しようと考えているところです。




  1. 2008/11/21(金) 00:37:53|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

プロフィール

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約