なぜ黙る?

2006.05.18 Thu

今私の願いごとがかなうならば
翼がほしい
(中略)
この大空に翼を広げ
飛んでいきたいよ
悲しみのない自由な空へ
翼はためかせ行きたい
(後略)
【翼をください 山上路夫作詞・村井邦彦作曲】

いきなり引用してしまったが、私はこの歌が大嫌いだ。
子どものころ、小学校の音楽の時間にこの歌を歌わされた。
その頃はこの歌詞についてさしたる感想はなかったが、今はとても嫌いである。

悲しみや苦しみが嫌だからって、どうしてそれがない世界へ行こうとするのか。
この世界中に蔓延する、テロリズム、ファシズム、差別、貧困、そういった危機に、なぜ真っ向から向かっていこうとしないのだ?
なぜ逃げようとするのだ???
そんなもの見たくないと言って逃げるのは、苦しみ、傷つき、悲しみにのたうち回っている人たちを見殺しにすることに他ならない。
そして、逃げ回っているうちは、ちっとも何も変わりはしないのだ。

しかもそればかりではない。
沈黙することは加担することと同義だ。
あなたのだんまりは、彼らを苦しめる。
そういうことだ。

もちろんどんな人間にだって弱い部分はあるだろう。
みんながみんな、小林多喜二のように死ねるわけはないと思う。
しかし、それでも、あらゆる恐怖にさいなまれても、最後の最後まで正当なやり方で自らの意志を持ち続けるほうがいいと思う。

だからこっちのほうがいい。

*  *  *

深い絶望感に捉われて、彼はその声を締め出した。
その幻影を払いのけた。
まだだ。
これで終わってなるものか。彼は彼らに語りかけるだろう。
たたきつづけるだろう。身体の筋肉は水のように変わったが、たたきつづけるのだ。
彼らに棺のふたを下ろさせてはならない。
生き埋めにされるだれもがそうするように、悲鳴をあげ、ひっかき、戦うのだ。
意識の消える最後の瞬間、生命を終える最後の瞬間にも、彼は戦うだろうし、たたきつづけるだろう。
なにがなんでもたたき、たたき、たたきつづけ、眠っているときも、麻酔薬を注射されても、苦しみに陥っても、永遠にたたくことをやめないだろう。
彼らは彼に答えず、そ知らぬふりをするかもしれないが、少なくとも彼が生きているかぎり決して忘れることはできないはずだ。
ここに男がいる。
人々へ語りかけ、つねに語りかけを忘れない男がいるのだ。
【ジョニーは戦場へ行った ドルトン・トランボ著、信太英男訳 角川文庫より】

  1. 2006/05/18(木) 20:39:43|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:4|
  4. コメント:1

コメント

イエッサー
いきまっせー
やるしかない!!!
  1. 2006/06/02(金) 23:27:44 |
  2. URL |
  3. 新党を欲する人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jesus.dtiblog.com/tb.php/3-d58d918d

共謀罪9

 「これほど広範な犯罪が対象になる法改正は、初の経験。拡大解釈の余地を残さぬように、慎重な上にも慎重な審議が必要なのに、国民の不安に正面から答えようとしていない」。青山学院大の新倉修教授(刑法)は、不十分な審議を強く批判する。そして、政府・
  1. 2006/05/20(土) 10:05:47 |
  2. 喜八ログ

共謀罪11

 「私は愛国心とかが好きだし、左翼なんかは好きじゃないんですけどね。でも、共謀罪は五年、十年かけて拡大解釈されていき、きっと治安維持法みたいになりますね。え、この電話ですか? 盗聴されてるかもしれませんけど、構いませんよ。間違ったこと言ってる
  1. 2006/05/21(日) 12:20:33 |
  2. 喜八ログ

臓器移植は患者を救わない?

臓器移植に関して当ブログでは生きたまま臓器摘出:中国での臓器移植 臓器移植医療と「脳死」判定治療費を理由に臓器提供を要請命を金儲けの道具としたアメリカ臓器移植法改正の動きで臓器移植と脳死判定に纏わる問題を取り上げてきました。
  1. 2006/05/24(水) 22:53:00 |
  2. 晴耕雨読

死を大切にしない社会は、生も大切にしない

「脳死」臓器移植に反対する市民の会の記事からです。献体と言われたのに、ほとんど全身の皮まで剥がれたちゃんと説明してくれてたら、私は、断れたかも知れない  大阪府立千里救命救急センター事件(1993年) 臓器提供者の母親(83歳)の訴え「家族の強い希望で臓器提供
  1. 2006/06/02(金) 19:41:04 |
  2. 晴耕雨読

プロフィール

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約