痛快! 朝日新聞記者・松井やよりさんの生涯 <前編>

2006.12.20 Wed

私が沖縄・日本から米軍基地をなくす草の根運動の、渋谷にある事務所を訪れたのは10日ほど前です。
公園通りの雑踏の中、渋谷の駅から歩いていくと、左側に山手教会があります。

「ゴスペルコンサートを開催します。ぜひご覧ください。」

教会の前で若い男の人が、なんだか楽しそうに呼び込みをしていました。
その山手教会と同じ場所に草の根運動の活動拠点があります。
ゴスペルかぁ、聞きたいなと思いましたが道草をしている時間はありませんでした。

それよりさらにさかのぼること数週間前、私は市民社会フォーラムの東京例会に参加しました。
講師に沖縄・日本から米軍基地をなくす草の根運動の平山基生運営委員長をお迎えし、基地問題の最前線について貴重なお話を伺いました。

熱っぽく基地問題を語る平山運営委員長のお話は、とても分りやすいものでした。
ともすれば暗くなりがちな平和運動です。
しかも「狂」の安倍政権の発足後であり、なおかつ沖縄県知事選挙で糸数慶子候補が惜しくも敗れた直後のことです。
共謀罪や教育基本法改悪など頭を抱えて青ざめる、そういう情勢です。
けれども平山運営委員長が例会の最後に仰った言葉は、
「こうして私たちが集まっている、そういうところに希望があるのです」
というものでした。

例会が終って帰る道すがら、たまたま平山運営委員長が私のそばにいらっしゃいました。
基地問題にうとい私は、ここぞとばかり運営委員長を質問攻めにしました。

「糸数さんが選挙で負けたのは、彼女が女性だったからではないかと勘ぐっているのですが?」
「そうですよ、そのとおりです。」
「となると沖縄では性差別って、こちらよりひどいのでしょうか?」
「そうですね、重要な場面ではまだまだ女性は一歩下がって、というふうです。」

私の、なぁんにも分っていません式の質問にも、運営委員長は丁寧に答えてくださいます。
なんだか「子ども電話相談」ふうです。
そして沖縄の平和を実現することが、いまだ茨の道にあると痛感させられます。

そして話は草の根運動のウェブサイトのことになりました。
なんでも、もっとより良いものに変えていきたいという運営委員長の意向とは裏腹に、更新するもの難儀しているとおっしゃるのです。
私は自分の腕前の未熟さも忘れて「お手伝いします」と言っていました。

こんなわけで、私は打ち合わせのため、冒頭で書いたとおり渋谷の事務局にお邪魔したのです。

その日、私は二冊の本を運営委員長からいただきました。
「私の姉が書いた本です。」

愛と怒り 闘う勇気 松井やより著 岩波書店刊
サブタイトルは「女性ジャーナリスト いのちの記録」
とあります。
いま一冊は「松井やより 全仕事」とあり、アクティブミュージアム女たちの戦争と資料館が発刊した大判の資料です。

平山運営委員長の実姉、松井やよりさんは朝日新聞の記者でした。
しかし、その活動は単なる一記者にとどまるものではありませんでした。

<次回へつづく>

おぉ、今回は長編だぁ〜 (どこが? カラマーゾフの兄弟じゃないっつうの)
ブログの記事を書いていたら、どんどこ長〜くなりまして、こりゃ1回じゃ終わらないわね、と考えた次第です。
というわけで、「次回も乞う期待!」とまるで昼ドラのようなことを言っているのです。

  1. 2006/12/20(水) 23:32:05|
  2. 松井やより氏|
  3. トラックバック:6|
  4. コメント:3

コメント

お久しぶりです

 市民社会フォーラム例会でお会いできて光栄でした。
 あのあと深夜まで渋谷の平山さんの事務所で飲んでいました。
 松井やよりさんのビデオ「松居やより 全力疾走」を観たことがあります。
 また東京でお会いできることを楽しみにしています。
  1. 2006/12/24(日) 21:16:30 |
  2. URL |
  3. 岡林 #-
  4. [ 編集]

とっても素敵なブログですね

はじめてお邪魔しました。とてもしゃれたブログですね。
そして、私が強く関心を持っている沖縄のことが書いてあって
うれしかったです。沖縄知事選以降の沖縄のことがとても
気になっていました。平山さんのお話が聞けてよかったですね。
本土に人間は、沖縄のことをもっともっと知らなければいけない、と
思います。
  1. 2006/12/25(月) 09:23:09 |
  2. URL |
  3. 非戦 #-
  4. [ 編集]

岡林さま:
いつもお世話になっております。
某ML(それも複数形)、某SNS・・・私の向かうところに岡林さんあり・・・です(^^
またお会いしたいものです。

非戦さま:
つたないブログにお褒めの言葉をいただき、恐縮至極でございます。
おっしゃるとおり、沖縄の真実をもっともっと本土に伝えないといけないと不肖この私も思っております。
どうでもいいような情報が氾濫する一方、知るべきことが伝わっていないのですよね。
現代は情報社会などと言われておりますが、その実とても情報が歪曲されていると痛感しています。
  1. 2006/12/25(月) 23:07:56 |
  2. URL |
  3. JesusMary #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jesus.dtiblog.com/tb.php/74-695c87da

「規制緩和」や「民営化」の末路は米英の歴史的経験から見えてくる

米国は、レーガン政権のサプライドサイド政策で80年代中期に航空業界の規制緩和が実施された。航空業界の規制緩和を受けて、竹中氏が言うように、格安航空運賃の新興航空会社が林立し、米国経済をある程度活性化した。航空会社を興せば、リースであれ航空機に対する
  1. 2006/12/21(木) 23:38:46 |
  2. 晴耕雨読

「書くこと」など 12・23 『墳』に寄せて

大体自己満足のために書いています。 ある時は、こんな凄い「人」(「事物」)の「話」、ネット上に無いかな~? あればそれとリンクして、無ければ本から抜き出して、紹介したり、それらについて感じたこと、考えたことを付け加えたり・・。 あんまりゴテゴテに書き混ぜす
  1. 2006/12/23(土) 13:55:06 |
  2. いわいわブレーク

米国綿花地帯に広がる最強のグリホサート耐性雑草 綿花産業に破局の恐れ

米国の綿花栽培地域に除草剤・グリホサート耐性雑草が広がっている。この雑草は干ばつ下でも1日に1インチ(25.4ミリ)も伸び、背丈は6フィート(180cm)から10ィート(3m)にもなるブタクサの一種・パルマーアマランス(Palmer amaranth)で、最新のAPの報道による
  1. 2006/12/23(土) 18:44:28 |
  2. 晴耕雨読

『十字軍』と『魔女裁判』は今なお進行している現実のものである 〈その1〉

世界が「大宗教戦争」の渦中にあるということで、巷間言われているような「キリスト教とイスラムの衝突」を主張したいわけではない。ブッシュ政権が推し進めている
  1. 2006/12/24(日) 18:03:35 |
  2. 晴耕雨読

今年、私の聞いたベスト・ソング/「自由の国」を作ろう!(どこへ行く、日本。(安倍とマスゴミの動向に要注意!)

2006.12.29.18:00ころ 今年もいよいよ終わりに近づいてまいりました
  1. 2006/12/29(金) 18:10:10 |
  2. 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」

続々・とくらさんを応援します

首相の地元では街頭演説を=参院選候補に選挙戦術指南??小沢民主代表 民主党の小沢一郎代表は26日午後、来年夏の参院選に選挙区から出馬する新人候補18人と党本部で個別に面談し、選挙戦術を指南した。 
  1. 2006/12/30(土) 10:42:32 |
  2. 喜八ログ

プロフィール

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約