【9・11テロは米国の自作自演】ベネズエラ国会が追及

2006.12.26 Tue

前回、朝日新聞記者松井やよりさんをテーマに書きました。
記事が長くなってしまい、前回はその<前編>だったので
当然次の当ブログ記事は<中編>になるべきなのですが、
ここでちょっと別な話題を書かせていただきたいと思います。

書いている張本人JesusMaryがいかに計画性のない迷走
人間であるかを、はかなくも露呈しております。
すみません。
<中編>は次回にいたします。

今回は、人気ブログ「低気温のエクスタシーbyはなゆー」のはなゆーさんより、
MLにご投稿いただいたものを転載させていただきます。


***********(転載開始)***********


ベネズエラ国会が9・11の嘘を告発(ボルテール・ネット西語版):全文対訳

http://www.asyura2.com/07/war87/msg/201.html

投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2006 年 12 月 23 日

スペイン語版ボルテール・ネット12月17日の記事です。短いものですが、全文に対訳を施します。

         ↓

ベネズエラ国会が9・11の嘘を告発する

2006年12月17日

ベネズエラ国会は、米国大統領に対して為される一つの解決法を満場一致で承認した。
この議決書はメキシコとの国境線に作られつつある分離壁を厳しく非難している。
そしてその第4段落目で、2001年9月11日の襲撃についての説明を求めている。
米国によるその説明が『対イスラム・テロ戦争』の基盤として働いているのだ。

『ベネズエラ・ボリバル共和国議会は、自動的に犯人が決め付けられた世界貿易センター
襲撃とその犠牲者について、ペンタゴンに激突したと言われている航空機について、
およびビン・ラディン家とブッシュ家の間のつながりについての、ブッシュ政権による
説明を要求する。』

このベネズエラの決議は、9・11襲撃の公式見解についての懐疑を表明した世界で始めての
国会決議である。
それについて『正当防衛』問題を正当化するためにコリン・パウエル国務長官が国連でかわし
た約束にもかかわらず、国際的なあるいは米国国内での何らの調査もその責任者を明らかに
できておらず、事件そのものに対する解明すら為されていないのだ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

《関連データー》

☆ビデオ 2年前:ラムズフェルドの大失言、「93便は撃ち落とされた!!」

投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2006 年 9 月 28 日

2004年のクリスマス・イヴに、ラムズフェルドがやらかした『ついうっかり、本音漏らし』です。

ニューヨークやマドリッドなどの「テロ事件」に続いて、はっきりと
「・・・(あの者達が)ペンシルベニアで飛行機を撃ち落とした・・・」
と語っています。下のビデオをご覧ください。

Rumsfeld says Flight 93 was "shot down."


「飛行機を乗っ取った」と言わないところがミソですね。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

《おまけ》

9.11=八百長説を追求しているドキュメンタリー「Loose Change」の日本語版は

      ↓
ここをクリックしてください。


***********(転載終了)***********

こころよく転載を許可くださいました、はなゆーさんに感謝申し上げます。

いったいアメリカはいつまで嘘をつきつづけるのか、そしていつまで日本は騙され続けるのか・・・
もう世界のほとんどは、あれが9.11がヤラセだったと認識しているようです。
我が国のメディアの異常さが、ここでも分かろうというものです。

  1. 2006/12/26(火) 00:05:16|
  2. 国際社会|
  3. トラックバック:5|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jesus.dtiblog.com/tb.php/75-533a62a9

外国人実習生への性暴力/植草一秀氏事件から見える「適正手続」問題(入管法改定案に関する国会会議録より)

2006.12.27.10:30ころ 外国人実習生 役員から性的暴力(2006.
  1. 2006/12/27(水) 10:36:16 |
  2. 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」

「小泉的破壊」とは?

質問1.「小泉的破壊」の具体的な内容は何ですか?A1:端的には、何をさておき国民がより良き生活をおくるために糧(お金)を得る場であるはずの国民経済を、“才覚”がある者が利益を得る場であることに変えて行くことで、利益を得る場としてもダメにしてしまうことです
  1. 2006/12/27(水) 23:00:14 |
  2. 晴耕雨読

笹川−児玉−田中角栄−そして中曽根−小泉

(笹川と変わり身の早さ)世界基督教統一心霊協会(文鮮明)はCIAの管理下にありました。原理運動の最初の拠点は、渋谷区南平台の岸信介の自宅にありました。岸は用心深い人です。 なにしろ首を吊られそうになったんですから。諜報機関の指令は絶対なのです。
  1. 2006/12/27(水) 23:02:03 |
  2. 晴耕雨読

ブログ風雲録2006

えー、本日は、全国的に仕事納めでありまして、当「BLOG BLUES」も、ブログ納めと参りましょう。一年間のご愛読、誠にありがとうございました。では、お待ちかね、誰も待ってねえよというツッコミはシカトして、第2回『輝け!「BLOG
  1. 2006/12/28(木) 21:52:19 |
  2. BLOG BLUES

日本の文化をぶち壊し現在の経済的大災厄を用意した“大罪人”中曽根氏

日本をどういう国にすればいいか:“逞しい文化と福祉の国”と総理大臣の時に言った。今でも“逞しい文化と福祉の国”というのが最終目標です。“政治権力というのは文化に奉仕するためにある”と言ってきている。 中曽根氏が空虚な言葉とはいえ、このような言動をしている
  1. 2006/12/31(日) 00:27:32 |
  2. 晴耕雨読

プロフィール

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約